アラサーブルー、と挑戦の報い

 なぜだかよくわからないけど、蓋を開けてみれば、その多くがそわそわしている「アラサー」。正式にはアラウンドサーティ(around 30)、ざっくりいえば、30才前後の人たちのこと。

 ちなみに、アラサーは、四捨五入で一応25才からだけど、らしさというか、アラサー感が強くなるのは27才からで、28~29才から中堅ベテラン感が出てくるし、アラサーブルー(冒頭のそわそわ期)を感じる人が続出する。で、ど真ん中30才は現役バリバリでアラサーを全うしてる感じがするけど実際には20代を引きずりあまり変化を感じにくく焦燥感に駆られて意外とアラサー最前線を駆け抜けられていな気もする。で、31~33才あたりでピークを迎え、あとは引退に向けて新たな旅立ちの準備を整えていくような。

 てか、そもそもアラサー感ってなんだろか・・・。それに、何回アラサーアラサーと打ち込めばいいのか。さすがに飽きてきたな・・・。

 と、得意技の「気が付けば話が逸れる」だったのだけど、こっからが本題。

 とりあえず、30才になった自分がまわりを見渡してて思うのは、「30才ってクソ若いな」と「何かを始めるのに早いも遅いもない、という概念すら考えるのやめたほうがいい」という二つ。

この続きをみるには

この続き:1,286文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ライバルは、ヤングドーナッツ(1個30円)。懐かしく、ほのかに甘く、噛み応えのあるドーナッツに負けないくらいの消費感を味わってもらえますよう。

twitterやfacebookでは書ききれないエピソードや考察、ついSNSの建前で包み隠してしまう本音のぶちまけ、コンテンツの雑感な...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしも投げ銭もらったら、もっとnoteをつくったり、他の人のnoteを購入するために使わせてもらいます。

大きく見せてごめんなさい!
4

大見謝らじを

ケケケという屋号でカクテルつくったり企画したり / 芸能と民俗と風俗 / ことばと思想とコミュニケーション / 元ライター

大見謝の頭の馬鹿

twitterやfacebookでは書ききれないエピソードや考察、ついSNSの建前で包み隠してしまう本音のぶちまけ、コンテンツの雑感などをぬるっとお届けします。馬鹿にかまってください。【1本600~2000字を、月10本配信】
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。