おもち

適応障害と診断されたぼくと、1型糖尿病を患う妻との 人生の記録
固定されたノート

神様に何を誓ったか?

この記事には、家族を大切に想う人や病気と闘う人にとって、非常に不愉快な内容が含まれます。...

22

想像の仕方を間違える

『山月記』という小説をご存知でしょうか。 中島 敦氏の初期作品で、唐時代を舞台とした短編小...

2

あとがきを書こう!

ぼくが小説を読む一番の目的は、本編を読むことです。当たり前ですが。 そして、もう一つの楽...

14

心にシェア

ぼくは最近、近所の花火大会を見ました。 アパートから出て少し歩いた場所から見たのですが、...

18

おはようございます

今日は挨拶について、ぼくが考えていることを書いてみたいと思います。 朝の挨拶といえば、「...

31

人生に差し色を

“差し色”という単語は、高校生のときに読んだファッション雑誌で知りました。 ファッション...

10