暗闇のなか

暗闇のなか目的地に向かって歩いていく。 
電気もないその場所で上を見上げると、空は星にうめつくされていた。
思わずため息がでる。

もし流れ星が今流れたらなにを願おう。
「未来を見たい。」
今のわたしはそう願うかもしれない。

時間は進む。
戻らない。
進んでいく日々に置いていかれていると感じるのはわたしだけだろうか。

懐中電灯で足下を照らす。
すぐ先の光をたよりに少しずつ歩みを進めていく。

ふと立ち止まって、懐中電灯で遠くを照らしてみたのだけど
光は遠くのほうまでは届かなくて
そんな当たり前のことに納得をした。

遠くのことはわからない。
でも少し前に進んだら、少し先の未来にわたしは来てる。
だからわたしは進んでいく。
少しずつ少しずつ足下の光をたよりに。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここに来てくださって、最後まで読んでくださって、嬉しいです。 ありがとうございます^^

ハッピーなことがありますように^^
5

ひょうどう むつみ

書くことがすき
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。