見出し画像

CL準決勝。バルサ、メッシではなくリバプールによって最大値が更新されたサッカーの魅力

 バルセロナがリバプールに3-0で先勝したチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦を見て一番に何を思うか。リオネル・メッシは確かに凄かった。現在31歳。サッカー選手として下り坂にさしかかる年齢である。アタッカーにとってはなおさらだが、俊敏さと巧緻性はそのままに円熟味が増している印象だ。この試合の3点目のFKシーンでは、弾道のあまりの鋭さに震えが来たほどだった。まさにマンオブザマッチ級の活躍をしたメッシが、あっちこっちで見出しを飾るのは当然といえば当然かもしれない。

 先制弾となったルイス・スアレスのスライディングシュートも負けず劣らず鮮やかだった。超高度で芸術的。これまた見出しとして特筆したくなるスーパーゴールだった。

 しかし、バルサファンでもリバプールファンでもない1人の日本人が、この試合をダイジェスト版ではなく、90分間フルに眺めた時、一番何に驚くだろうか。もちろん人によって違うだろうし、サッカーにはいろんな見方があるので、こうでなければならないと断定するつもりはないが、こちらの目をなにより釘付けにさせたのは、選手の個人的なプレーではなく戦いのレベルだった。

 何というハイレベル。これまで見た何千試合の中でナンバーワンだと即断したくなる、サッカーというスポーツの魅力及び競技力の最大値が更新されたことを実感した戦いだった。

この続きをみるには

この続き:1,883文字
記事を購入する

CL準決勝。バルサ、メッシではなくリバプールによって最大値が更新されたサッカーの魅力

杉山茂樹

135円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

杉山茂樹

特にサッカーに詳しい、人と同じことはあまり言いたくない派のスポーツライター。試合を俯瞰で眺める上から目線を大切に、サッカーらしさ、サッカー的なノリにこだわる。好みは攻撃的サッカー。地域ではポルトガル、バスク、フランス。取材で訪れた国の数は70弱。コーヒー、紅茶、カレーにうるさい。

そのサッカーを疑え!

スポーツライター杉山茂樹が月4回程度発行する有料記事
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。