見出し画像

出会いと別れと魔法の言葉

2ヶ月半の北海道滞在がおわり、新千歳空港にて飛行機を待つその間。
もうすぐ終わってしまう旅を振り返り、それはもうひたひたに感傷に浸っていた。
叶うならあとすこしだけ一緒にいたかった。見慣れた顔がいくつも浮かんでは消えていく。

一緒に過ごした時間はごくわずかなのに、恋人や友人というよりも家族のようないとおしさを感じることの多い旅だった。

だから、いま、とても寂しい。

そんな出会いと別れがあるのが旅の醍醐味なのだとわかっているけれど、別れがこんなに寂しい気持ちにさせるのなら、、いや、それでもこの出会いをなかったことにはしたくない。行った場所や食べたものよりも、そのときを一緒に過ごした人の顔がくっきりと浮かんでくるから。

“Everything's gonna be alright”
とにかく大丈夫。

「来年の今頃、どこで何をしているのかなぁ」
なにかの話の流れでぽろっと呟いた私に、ビリケンさんのモノマネが得意な宿のオーナーさんが、なんのためらいもなく手渡してくれた言葉。

思わず後ろを振り返りそうになったときは、この魔法の言葉を唱えて歩いていこう。

次の旅はもう目前に迫っている。

さぁ何はともあれ洗濯しよか。

Everything's gonna be alright !

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

最後まで読んでいただきとても嬉しいです。ありがとうございます!
16

nana

長崎生まれ、北海道育ち。馬と山が好きです。2018年の夏~秋は北アルプスの山小屋で働いていました。いつかユーコン川をカヌーでくだりたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。