私の都合上定めた解釈は罪

たまに美術館に足を運びます。

作品をじっと見ている(聞いてる)と
理屈じゃなく空気の感触がその良さを
教えてくれるので
とても心地がいいです。

中には強く惹かれる作品もあり、
その場合は作品と私との
接合点を探ろうとします。

けれども、毎度ながら
作品側が私を拒絶しているような
感覚になってしまうのです。

勝手に私の文脈で定義付けするな、と。
勝手に作品の秩序を乱すな、と。

作品の向こう側にある世界は
社会の禁忌から自由です。
だから、規範に触れすぎた
私の考えは彼方からすると
不純物でしかないとおもうのです。

周りから与えられた欲望を
夢だと勘違いして生きてる
「私」だから、
ギャップを埋められないのです。

いつか、そんな「私」を
許してくれる世界に出会えたらな、と
密かに願っています。

#小説 #詩 #現代詩 #文芸 #短歌
#コラム #エッセイ #芸術 #アート #言葉

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

43

みみ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。