「靴理人」こぼれ話。初めて芳文社さんに持ち込みに行った時に二話分持って行ったんですね。で、誌面が空いちゃう時があったので載せていただいたのですが、二話分あったのも良かったのかもしれません。その後連載になった際にも持ち込み時点で20話分くらい考えてあったのでなんとかなるだろうという気持ちでしたね。

画像1 「靴理人」初登場の回
画像2 幻の二話目「変身」のオープニング

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

感謝です!
12

尾々根正

初期作品を集めた「アーリー尾々根正vol.1」を発売。週刊漫画timesでクラシックを題材にした「マエストロの暇つぶし」全2巻を連載。他に天才シュ―フイッターの活躍を描いた 「靴理人」、「靴cream」(大鳥居明楽との共同名義)など。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。