新納翔『peeling City 都市を剥ぐ 』トークイベントに行ってきた。

 先週2/3(土)に吉祥寺にある写真集を中心に扱う書店「book obscura | ブックオブスキュラ」さんで行われた、新納翔『peeling City 都市を剥ぐ 』トークイベントに行ってきました。

https://bookobscura.com/news/5a4e1f583210d52dee0012e6

 出演は「新納翔 ×中藤毅彦×タケザワケンジ」。

 中藤さん新納さんの写真集への分析は、ヘルメットや傘の写っている数からはじまり、最終的にはpeelingされているのは新納さん自身という結論にいきつきました。その中で、新納さんが都市のスナップを撮るのに、645の「大きなカメラを構えて立ち向かうようにしないと撮れない」と言っていたのは印象的でした。

 中藤さんが持ってきた貴重な(古い)写真集、Henri Cartier-Bresson、William Klein、木村伊兵衛などなど、手にとってみることができたのはとてもよかったです。

(店内をよく見ると、book obscuraさんに木村伊兵衛「パリ」のら社 のやつがうってた。。。)

 新納さんとお話する事もできたし、会場を見渡すと、鈴木達朗さん、大西正さんなど、著名な写真家の方の姿もみえ、刺激的なイベントでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

biyoon

log-snaps

日々のスナップショット
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。