わんねす@いつの日か NOTE

ワンネスは心BOT開発を中心にして活動しているツイッタラーです うまく多くの人が受け入れて活用できるBOT開発にあたって4か月で7000人のフォロワーになりました そのツイの内容についての解説、フォロワーが増えた経緯などを中心にしております
固定されたノート

4か月でフォロワー0から7000人になってみえてきた世界とは?

どうもわんねすという
ツイッターアカのわんねすさんです
本業は単なる会社員

ツイッターはそもそも知人と始めたものでした
アメリカ留学生活で感じた日本にないものを
ツイしていこうと軽い気持ちで

それなのになぜかフォロワー7000人に

まあ増えて関心もっていただけるのは
うれしいのですが
ここまでこれるとは正直思っていませんでした

頑張れば3000できれば将来1万までいけば
いいたいことをたく

もっとみる
スキありがとうございます 次もいいものを書いていきます
4

フォロワー数の体感メモ 1 限界数を感じるまで~3000

そもそも人が発信できる内容は違うもの
その質はかなりバリエーションがある

だから体感の話は数で測るってことは
無理な話

でもどんな内容がある人でも皆

最初はゼロ

そこから始める

どこが限界という基準は提示できない
上にいったようにあなたの発信内容によって
違うから

フォロワー数をみるというより限界で
何を感じるのかについてちょっと注目してみた

普遍的な意見としては数の部分に注目すると

もっとみる
ありがとうございます 心の響きをもっと伝えていきますね
4

素直な気持ちがツイで人を呼ぶ秘訣 そこには共有が生まれる

実はわんねすという意味は
私は別にいわゆるその意味で
つかったわけではないんです

そもそもこのツイアカは
実験でした

1000人フォロワーって
可能なのかっていう
つまらない実験です

私が企画したものではないのですが
私は単なるその中のライターでしか
ありませんでしたが

14日で達成してしまって拍子抜けそれでフォロワーだけでは意味ないことに………

1000人という数はとてつもないですね

もっとみる
スキありがとうございます 次もいいものを書いていきます
1

アメリカでは文化的なことを一年生から教える動きもあるそうだ

アメリカの小学生が学ぶ教科書っていうのは
とんでもない内容で驚いたよ

もともと英語を少し学ぶ直そうと
そうだ小学生が習っている教科書の
内容なら自然にネイティブの人が
辿る軌跡と同じく進めると
そんなことがあって探したのがこれ

なにげない感じで
ちょっと読んでみたら
まあ読める

以前エルマーの冒険の英語版を買ったときは
どうも読めなくはないけどなんか
中身がちょっと大人には向かないなって

もっとみる
スキありがとうございます 次もいいものを書いていきます
3

世界が変わるほどのイメージを心でもつってどうしてできないのかな!?

私のツイでよく
世界は自分の心の価値観によって
人が実は想像して作られるもの

不完全な人がそれぞれに作り上げる
現実という名のなんともいえない虚構

だから価値の部分を変更すれば

世界というものが変わる

そんなことをあることないこと
言っているのですが

本当にそうなのかって
おとぎ話じゃあるまいしって

わんえすさんの思い込みじゃないかって
そう思うかもしれません

でも哲学の世界とまでい

もっとみる
スキありがとうございます 次もいいものを書いていきます
1

アマゾンでの自費出版を夢想しています ちょっとしたインフルエンサーきどりで

わんねす@いつの日かのついをしている
わんねすさんです

わんねすの意味もわからずなんか
思想アカをしていたときに
いつまでも不毛な議論していないで
いいことはいいと
お互いに認め合えばいいのにって
そんなことも思っていたからなのかな

一つにという意味あいのONENESSが
浮かんだんですねきっと

それで心BOTなるものを制作して
将来詩集みたくまとめられたらなんて
夢想しています

お値段は

もっとみる
スキありがとうございます 次もいいものを書いていきます
4