プロフィール

藤村佳朋

女木島地域おこし協力隊/デザイナー/イラストレーター

こんにちわ藤村佳朋(ふじむらよしとも)です。
香川県高松市の沖合4kmに浮かぶ「女木島(めぎじま)」という小さな島で「地域おこし協力隊」として働いています。

「地域おこし協力隊」というものが何なのか、よくご存知でない方もいると思いますので簡単に説明しますと

「地域おこし協力隊(ちいきおこしきょうりょくたい)とは、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度である。
2008年に麻生太郎政権において、鳩山邦夫総務大臣による「地域力創造プラン(鳩山プラン)」の柱として提唱され、2009年度から総務省によって制度化された。2015年度には全国673の自治体で2,625人の隊員が活躍している。」(移住・交流推進機構HP及びWikipediaより引用・抜粋)

このような国の制度です。「地域おこしを担当する行政の非常勤公務員」とでも言うとニュアンスが近いでしょうか。

また、私は地域おこし協力隊であると同時に「フリーランスのデザイナー・イラストレーター」でもあります。

これまでのお仕事

多くのデザインやイラストの仕事をしてきました。
・動物のキャラクターデザイン)
・文字のデザイン(ロゴデザイン)

が得意ですので、そのようなご依頼をいただく事が多いです。

略歴

1991年(平成3年)兵庫県西宮生まれ、27歳です。

大阪市立工芸高等学校 ビジュアルデザイン科でグラフィックデザインの基礎を学びました。部活は吹奏楽部で楽器はトロンボーンでした。

京都市立芸術大学 美術学部 美術学科 構想設計専攻で現代アートを学びました。芸祭や作品展の委員会仕事ばかりやっていたので教授に怒られました。

大学在学中「境谷小レジデンス」所属アーティストとして1年間、京都市立境谷小学校という場所で滞在制作をしていました。それと動物が好きなので自然保護団体で小学校などでつかう環境教育の教材などを作って小学校に授業しに行ってました。

大学卒業後は地域づくり系のベンチャー企業に就職。京都府山中にて田畑を耕したり、「アートで地域おこし!」みたいな事をしてました。任期満了で会社を2年で辞めた後、印刷会社に所属しながらフリーの絵の仕事も継続し、貯金でフランスに1ヶ月間滞在。パリにてイベント出展や営業活動を行いました。

帰国後、良いご縁があり地域おこし協力隊として女木島に移住。現在に至ります。

専門分野

これまでの仕事や略歴からも分かるのですが

・動物を用いたキャラクターデザイン
・ロゴデザイン
・現代アート

これらが私の専門分野です。これらの専門技術を生かして島の発展を支えたいと考えています。

趣味

趣味はあまり無いのですが、強いて言えば

・絵を描く
趣味でもあり仕事でもあります。20年以上続けているので趣味というよりは「呼吸」と言った方がしっくりきます。

・自転車旅
自転車で長距離を移動するのが好きです。京都〜香川間は普通に自転車圏内です。京都から名古屋・出雲・博多などいろいろ旅してきました。基本テント泊。

・着ぐるみの追っかけ
プロアマ問わず着ぐるみがいる場所には現れ、追いかける事に幸福を感じます。くまモンとしんじょう君にはフランスでハグしてもらいました。

あたりの行動が趣味です。

概ね、このような者です。
私のこれまでの作品は下記アドレスにまとめております。

https://takefuji-fox.jp/

合わせてチェックしていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

地域おこし協力隊の活動

私の地域おこし協力隊としての活動についての記事をまとめています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。