なぜ留学しようと思ったのか?

渡米まで1ヵ月を切ってしまいました。準備は微妙...。
友人の助けもあってようやく、現在の携帯番号を保持しておくための格安simをゲットしました。

他にやることリストには、

・運転免許の事前更新
・海外保険手続き
・キャッシュパスポート申し込み
・必要、不必要なものの売買
・車の譲渡(正確には留学中のみ譲渡)
・海外転出届提出
・海外sim申し込み
・100Lスーツケース購入

などが書いてある......今後も増えそう。
再来週あたりまた1週間東京に行く予定にしているし、先日は新規案件の打ち合わせもあったりで、仕事も少しバタバタ。新規のほうは、久しぶりにおふたりの巨匠とのお仕事なので、とても楽しみです。
体調を崩さないように頑張るぞ...。


この歳で、なぜ留学しようと思ったのか?

よく聞かれるのだけど、話していると少し長くなってしまうので、いつもは簡単に「英語を話せるようになりたいから」とだけ言って、たまに補足する感じにしているのだけど、具体的な理由は以下。
ちなみに私は、いま36歳で、留学中に37歳になる。

① 初の海外旅行で、英語の必要性を非常に感じた
② 初の海外案件が流れて悔しい思いをした
③ とある案件で、様々な国の方と接して情けなくなった
④ とある案件で、英語でやり取りするのに(分からないから)不便だった
⑤ 長崎→東京→神戸と移住して、懸念が少し晴れた
⑥ いまの流れを一旦ストップすること、環境・人間関係のリセット


① 初の海外旅行で、英語の必要性を非常に感じた

これはおそらく、ほとんどの人が感じることだと思う。
私は30歳で初の海外旅行を経験(遅い)。行き先はロンドンで、団体行動だったので、英語を話せなくても全然平気ではあったのだけど、やっぱり分からない場所は聞かないと分からない。勢いに任せて聞いてはみたけど聞き取れない...という感じだった。


② 初の海外案件が流れて悔しい思いをした

東京に移住して2年目のときに、香港から問い合わせをいただいた。東京に行くから会えないかという連絡をもらって渋谷でお会いし、先方のひとりに日本語がわかる方がいらっしゃったので、何とかミーティングを終えることが出来た。自分のデザインが合うだろうなという分野だったので、とても嬉しかったのを覚えている。

データの受け取りやラフの提出などもやっていたのだけど、スムーズにいくだろうと思って、知り合いに通訳をお願いしたのが裏目(?)に出てしまい、こちらの思いが伝わらずに流れてしまった。あれは悔しかったなぁ〜笑


③ とある案件で、様々な国の方と接して情けなくなった

これは以下のサイトを制作したときのこと。

2〜3日に渡って、数ヵ国からの留学生に集まっていただいて撮影を行ったのだけど、移動や空き時間、指示などで少し会話することも。皆さん、母国語に加えて英語は当然話せるし、日本に留学しているのだから日本語も少しは話せる。純粋にすごいなと思った。お会いした香港の方々も同様。
10以上も下の子たちがこんなすごいのに、ほんとに...日本語しか話せない自分って...orz


④ とある案件で、英語でやり取りするのに(分からないから)不便だった

これはちょっと最近の話で、留学の理由というよりは、すでに決めていた時点でさらに後押ししてくれた出来事という感じです。
以下のサイトを制作した際、タイトル通り(メールではほとんど)英語でやり取りしたのだけど、時間もかかるし本当に不便だった。


⑤ 長崎→東京→神戸と移住して、懸念が少し晴れた

長崎という地方の中の地方で仕事をしていると、直接会えないと不安だというクライアントさんも多い。私もそれが心配で、長崎から出ることは無いだろうなと思っていたのだけど、一度出てしまうと慣れるもの(?)なのか、割とメールのみのやり取りでOKな体制に持って行けた気がする。


⑥ いまの流れを一旦ストップすること、環境・人間関係のリセット

実は、これが一番の理由だったりします。
独立後、本当にお陰様で仕事が途切れたことが無かったし、生活に困ることもなく(ありがとうございます!!)、端から見てもとっても順調に見えていたと思うし、実際そうだった。
「それらをすべて捨てて行くだけの理由があるの!?」なんて言っていた人もいたのだけど......個人的にはそれがあるんですよね。
自分の性格を考えると、順調過ぎてマンネリ化してきたと感じてしまったのだと思う。本当に贅沢な悩みです...。

デザインもここ数年、そのとき流行りのデザインを見ていてもピンと来るモノがないので、自分の中で何かを探しているのだけど見つからない...とずっと感じていたり、一般的かどうかは不明だけど、よくあるような、法人化して少しずつ大きな案件をこなしていってスタッフを増やして、、、という流れにはほとんど魅力を感じなかったり。

留学の準備もあったりで、(例えば英会話に通ったりなどで)色んな人と接する機会が増えると、色んな考え方・価値観に出会うわけです。
様々な業種のクライアントさんがいらっしゃるため情報収集は必須なのだけど、同じ業界ではなくて、違う世界で生きている方々ともっと触れ合いたいと思うようになった。繋がりを増やしたいからといって集まる異業種交流のようなものではなく、自然と。

あとは、個人的なこともあって人間関係を整理、リセットしたいというのも大きな理由。これは少しずつ出来ています。他の方に担当を変わっていただいたクライアントさんもいるし(感謝...)、ストレスを感じたり自分に悪影響を及ぼすだろう方とは距離を置いたりしている。


ザッと?ですが、だいたいがこのような理由です。
英語が話せるようになりたいというのはずっと思っていたことだけど、いくつかの出来事が後押ししてくれて、「あ、今だな」というタイミングで決意、周知し始めました。
いろいろと考えていると、すべてこのために動いてきていたのかなと思えてきて不思議すぎる。無意識にそう考えて行動していたのかな...。

東京に出たとき、決意してから2ヵ月くらい?で上京してしまったため、クライアントさんとの関係も少し壊れかけ、せっかく声を掛けていただき経験を積もうと思って入った会社も早々に退社することになった...という苦い経験があるため、今回は、決意から1年以上かけて周知していき、先日の寒中見舞い送付を最終の連絡としました。

とりあえずは、クライアントさんにご迷惑をお掛けしないよう、目の前の仕事を頑張ろうと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

恐縮です。留学中の勉強費用に充てさせていただきたいです。

m(_ _)m
12

西村 沙羊子|oniguili

Webやグラフィック、写真などを仕事にしています。フリーランス8年目。日々の記録。2019年3月より留学のため渡米。2020年よりNYCをベースに、3〜4ヵ月に1度 日本へ帰国。https://www.oniguili.jp/ https://salt.oniguili.jp/

oniguiliの道

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。