[野球] オープン戦開幕 対中日

日本ハム 6-4 中日

 春季キャンプも終わり、オープン戦が始まりました。いよいよ開幕に向け各チーム戦力を整えていく時期です。この時期はやはりワクワクします。

 まずは投げる方。先発のロドリゲスは自分のエラーで1点失ったものの4回被安打2自責点ゼロとまずまず。ほぼベストメンバーの中日相手に動くタマで打たせてとるピッチングで、初見ではなかなか対応が難しいタイプかもしれません。これから相手打線の調整レベルが上がってきてどこまで通用するか。しばらくはチャンスを与えて見極めるはずです。宮西は1回被安打1失点ゼロ、相手に粘られたりいい当たりもされてましたが、この時期としてはまずまずでしょう。加藤は2回被安打2失点ゼロ。先日の登板よりはだいぶマシになっていましたし、タマもキレていたので、このまま調整を間違わなければ開幕ローテでしょう。

 一方まったくダメだったのは上沢で、2回被安打5被本塁打2失点3とボロボロ。出会い頭みたいな大野の一発はともかく、9回表に3点もらったあとの2失点はいただけません。全体にタマが高く、相手打者にことごとくジャストミートされていました。開幕まではまだ一ヶ月ありますが、まだまだ調整が必要な印象です。

 打つ方では森山が2本塁打、横尾と清水もそれぞれ一発を打って、得点はすべて本塁打。下位を打つ若手がアピールしたのは、いかにもこの時期のオープン戦らしい。とはいえ相手先発の小笠原、3番手の又吉という一線級がまともに投げると手も足も出ない。その一方で石井のバントミスなど、細かく1点をとる野球ができておらず、豪快といえば聞こえはいいが、今年はかなり荒っぽい野球になりそうな予感です。去年の西武源田みたいな感じで石井一が攻守の要で定着してくれるといいんですが。むしろいいヒットを打ってアピールした大田、平沼あたりの方が期待できるかも。

 さて、大谷が抜け、増井マーティンも抜け、メンドーサも谷元もいない投手陣。先発もブルペンも大きく様変わりせざるをえない。特に先発はコマがいなさすぎ。柱になるべき有原は肩痛でキャンプ中ほぼノースロー調整で、一軍実戦復帰は早くて交流戦ぐらいになりそう。他のローテ候補の高梨も上沢もピリッとしない。はっきり言って先発陣はまったく計算が立ちません。シーズン当初は日程がそれほど詰まっていないので先発5人で回すとして、新外人のマルチネスとロドリゲスがローテに入ってくるなら残り3人。加藤、高梨、上沢が仕上がってくれば5人決まりですが、外人は日本での実績がないし、日本人3人はイマイチ頼りない。ほかの先発候補はキャンプからずっと好調が続いている吉田と村田ですが、この2人も実績がない。今後のオープン戦の結果次第では、ローテで回せそうな先発が誰もいないという状態になりかねない。まさかの齋藤開幕ローテとかあるかもしれません。ですが堀あたりが先発ローテに入ってくるようなことがあれば、印象は一気に変わる。堀がエース格としてローテで回るようなら、いろんなものが好転しそうな気がします。侍ジャパンであまり消耗しないで帰ってきてほしい。

 ブルペンは宮西、鍵谷、公文、石川直、田中豊、白村、井口、それから新外人のトンキン、新人の西村あたりが候補。本当は石川あたり先発で大きく育ててほしいですが、セットアッパーも抑えも決まっていない現状では、致し方ないところでしょう。

 さて現状はこんな感じで、開幕まで残り1ヶ月。現時点で客観的に順位予想をすれば、Aクラスも難しく、最下位争いと判断せざるをえない。実績のある選手が少なく、未知数の新外人とアテにならない若手の成長に期待するしかないからです。特に先発ローテがしっかり確立してないのが大きい。新外人4人のうち3人が戦力になり、若手の2〜3人が覚醒して、そして西川、近藤、中田などレギュラー組がキャリアハイに近い成績を残し、先発陣から2ケタ勝てるような柱が3人ぐらい出てくれば、優勝争いにも絡めるかもしれない。しかしそう簡単に事が進むはずもなく、うまくいってAクラス争いがいいとこでしょうか。こんなしょっぱい予想をいい意味で覆すようなシーズンになることを祈ります。

 ちなみに今日の試合はDAZNの無料お試しで、PS4→普通のテレビで見たんですが、配信の乱れもなく、快適に見られました。巨人の主催試合を除く全試合が観られて月1750円(+税)。私はdocomoユーザーなので980円(+税)です。これまでのスカパープロ野球セットは3980円ですから、差は大きい。番組はDAZN独自制作で、実況や解説はDAZNオリジナルのようです。ファイターズ主催試合の実況アナと解説が誰になるか。それ次第では、スカパーからDAZNに乗り換えようと思ってます。

(追記)清宮のことを書き忘れてました。9回に代打で登場して空振り三振。ストレートでファウルでカウントを稼がれ、最後はアウトコース低めにフォークを落とされ、タイミングを狂わされて三振。相手捕手大野のリードは、とても高卒1年目の選手相手とは思えないえげつない配球で、大人げないと言えば大人げないですが、ここで打たれたらあれこれ言われるのは確実なので、新人相手とはいえ全球ストレート勝負なんてお客さん扱いではなく、容赦なく攻めたというところでしょう。これもメディアに騒がれる大物新人の宿命。プロの洗礼ですね。

 

 

小野島 大

[野球]北海道日本ハムファイターズ観戦日記 part2

前のがキャパ一杯になってしまったので、パート2に移行します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。