読書記録再読

44
ノート

なぜか。

もしかしたら、建築家に対する『なぜ○○するのか?』という問いは、一昔前にはやった『なぜ人...

肯定感

それは、おそらく問いのたて方に問題がある。 「乗り越える」という意識はおそらく無意味なの...

パスポート

全くあたりまえのことなのだが、答えは自ら描き出す以外にないし、自らの個人的な感覚・身体性...

環境。

今はどうか分からないが、僕のいっていた大学でも、建設に関わる技術については若干学べた気が...

技術

僕が興味を持ったのは著者がなぜ”造型論”を追い求めたのかである。 この記事を読む限り、著...

正直さ

さて、この言葉の先に何があるのか。 単なる批評や言葉遊びでしかないのか。 それとも、捉わ...

フック

自分でこれと感じたことを突き詰めた先に何かが拓ける。 実際ここに収録されている人もそうや...

距離。

内井において装飾とは『人間性と自然界の秩序の表現』『宇宙の秩序感を得ること』であるようだ...

ギャップ

システムを一般の人とのコミュニケーションギャップを埋めるツールとすること。 それは、建築...

規範。

ところで「規範」とはなんだろうか。 なかなか扱いづらいものである。 社会をうまく運営しやす...