中国・鳳凰旅行記① 英語が通じない!(北京ー鳳凰到着)

10月18日
午後1時。鳳凰県、銅仁空港着。
約12時間のフライトを経てたどり着いた銅仁(TEN)空港に、私は驚きを隠せなかった。


空港、ちっっっさ!!!!


目の前にあるのは、荷物受け取りレーンが1つしかない、電光掲示板も何もない、おもちゃみたいな建物である。

これまで乗り継ぎで見てきた北京や武漢のピッカピカの空港はなんだったのか。本当に同じ国か。

旅立つ直前、私はミクさんに「鳳凰ってクレジットカード使えるかな?」と聞いた。

ミクさんは鼻で笑って

「クレジットカード!?んなもん使えるわけないじゃん!!」
と言った。
「外貨両替とか、夢のまた夢じゃない?あ、中国ではSIMが使えないとオワコンだから、絶対に絶対にSIMを契約してきてね!」

彼女のその言葉の意味を、私はやっと理解しかけていた。と同時に、ここから己の迂闊さをひしひしと感じる事となる。

この続きをみるには

この続き:3,168文字
記事を購入する

中国・鳳凰旅行記① 英語が通じない!(北京ー鳳凰到着)

小野美由紀

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。

ありがとうございます!
16

小野美由紀

それでもやはり、意識せざるをえない(小野美由紀のマガジン)

作家小野美由紀によるエッセイマガジンです。タイトル通り "それでもやはり、意識せざるをえない” 物事について、月に5-10本程度配信します。日々のエッセイ、恋愛、性愛、家族、また書くことについて、作家という職業について、ジャンル問わず本気でおすすめしたいもの・こと、お店、本...
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

うおー!そんなところが残ってるなんて。行きたい。
めちゃ良かったですよ!おすすめです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。