4月の断片その①

3月某日

自分が連載していた媒体がなくなるのは悲しい。すごく悲しい。今まで自分がやって来たことが全部無に帰したような気になる。そんなわけないのに。誰も悪いわけじゃないけど、とてもとても悲しい。

3月某日

K社の編集者さんと打ち合わせ。会議の途中、
「BL原作のプロットを書いた事があるのですがハードすぎてウチの媒体じゃ掲載できませんと言われてしまって…」
と言ったら
「え、せいしかける系ですか?」
と聞かれ思わず


この続きをみるには

この続き:2,038文字
記事を購入する

4月の断片その①

小野美由紀

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。

ありがとうございます!
13

小野美由紀

それでもやはり、意識せざるをえない(小野美由紀のマガジン)

作家小野美由紀によるエッセイマガジンです。タイトル通り "それでもやはり、意識せざるをえない” 物事について、月に5-10本程度配信します。日々のエッセイ、恋愛、性愛、家族、また書くことについて、作家という職業について、ジャンル問わず本気でおすすめしたいもの・こと、お店、本...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。