Google I/O Extended: Recap Live Japan 2019 配信見てのメモ書き

Google I/O の
まとめ報告会を
Youtubeで
見たのを
まとめただけ
なので、ご注意

[android]
- セキュリティ強化
- kotlin first
- android studio 3.5 rc1

[game]
- game向けの改善(android q) : thread affinity, vulkan積極対応
- apkに加えてapp bundle(アプリをパーツ化して必要に応じてDL)導入
- aqones(GCP動作のゲーム特化サーバ)
- stadia(草) on linux & vulkan / visualstudio

[firebase]
- cloud firestore(GCP対応DB) 一般リリース
- ML kit(翻訳, 物体認識, カスタム辞書モデル) がより使いやすく
- アプリの品質を強力に手助け(性能計測をweb appにも)
- 分析をフル活用できる

[ML/AI]
エッジ側の利用を促進
- tensorflow lite(無印に比べてgpu x5.5 dsp x12.8) 夏から
  - ラズパイ対応
  - マイコン対応 DLモデルが20KB(音認識)/200KB(画像認識)
- tensorflow.js
- tensorflow graphics(3dモデルも)
- ml fairness

[design]
- material theming : デザインの独自色のためのマテリアルデザイン拡張
- dark theme : appcompat ver上げてね / dark is 93% black, lower saturation
- al/ml and design : AI機能のデザインガイドブック

[web, chrome]
instantすぐに, powerful役立つ, safe安心 を推進
- chrome
  - 遅延読込み loading="lazy"属性追加
  - pf budget(上限目安を設定してlighthouseでテスト可)
  - pwa desktop
  - cookieの取り扱い方針をupdate
- web authn
- https://web.dev

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

Onswar

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。