月間収益50万を越える為に行ったクラウドソーシング徹底攻略術!

※2017年1月28日追記

先日こちらのnote購入者の方から感謝のメッセージをいただきました。こちらをご覧ください↓

610,000円!見事ゼロからの月収50万円達成を果たしました!
「ぶんたさんの神noteのおかげです!ありがとうございます!!」
とのお声をいただきました!みなさんもガンガン結果出しちゃってください!


さて、ご覧頂きありがとうございます。このnoteではぼくがクラウドソーシングで月間収益50万以上を達成する為に行った具体的な手法や、分析結果を主にまとめてあります。詳しくは一度コチラの記事をご覧ください。

ぼくがこの手法を使った際、ぼくは完全に提案を専属で行いましたが、そもそもクラウドソーシングを使った理由も管理下の社員の隙間時間を埋めるためでした。逆に言えば仕事の合間の隙間時間で50万円分の案件を消化出来たので、本気で取り組んでいきたい人はもっと結果を出せるだろうとぼくは考えています。

今回はどなたでもすぐに使えるように提案の際のテンプレートもご用意しております。ご自由にお使いください。
テンプレートも基盤は至ってシンプルですが、クライアントに合わせてその都度変更を加えるような流れでサクサク作成出来ます。クラウドソーシング開始時期はこれに準じ、とにかく提案の数をこなしてください。それと同時に分析をしっかり行うことで徐々に精度が上がり、狙った獲物は逃さないフリーランスになれること間違いなしです。


当時社内にいたメンバーを挙げてみます。この中の業種に当てはまる人がいれば同じ手法でこのnoteを使えるはずです。

□カメラマン

□コーダー

□ライター

□WEBデザイナー

まあ一般的なWEB系における技術職の面々かと思います。どれかひとつでも当てはまる、もしくはこれからなろうとしている人は買って損は無いでしょう。あなたの苦手なアプローチは全てぼくの攻略術が補ってくれます!


それでは攻略の鉄則を頭に叩き込んでいきましょう!


〈目次〉

1.基本かつ最も重要!編

最も重要!自己分析
強みを言語化した後は
プロフィールを作りこむ(イマココ!!)
案件形式の選び方
1.タスク形式
2.プロジェクト形式
3.タスク形式

2.実例に学ぶ実践提案編

効率の良いターゲットの検索法
多くの「稼げないフリーランス」が勘違いしているクラウドソーシングの本当の顧客層
「負けない」競合の見分け方
メッセージのテンプレート化
□実例1
□実例2
□実例3
メッセージの分析
メッセージ後のやりとり
大量の未確定案件を管理する手順

3.成約後の継続応用編

案件の進捗で心がけること
案件終了時の連絡
次回案件に繋げる為のテクニック
継続案件の獲得時に気をつけること
既存顧客への売り込み

この続きをみるには

この続き:20,833文字

月間収益50万を越える為に行ったクラウドソーシング徹底攻略術!

ぶんた

4,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートのお金は今後おもしろいブログ記事を書くための活動資金に使わせていただきます。

感謝カンゲキです
45

ぶんた

営業