夜って何時まで__朝は何時から_-16

世界の研究者が使っている意外な文章術を使えば、ブログで生活できる!

みなさん、スマホとキーボード、どちらで文章を書いた方がいい文章が書けるか知っていますか?

実は、どちらで書いた方がいいかは、科学的な調査で正解が出ています。

文章術の書籍や記事は、たくさんありますが、そのどれもが文法とか、文章テクニックについて語ったもの。

もちろん、文法やテクニックは上手い方が良いんですけど、知りたいのは「どんな文章が良い文章なんだよ!」ってことですよね。

面白い文章とは何か?

記事を量産する方法。

面白い文章の書き方。
について、まとめてみました。

まずは、面白い論文の書き方から、いい文章とは何かを明らかにしていきます!

おもしろい文章とは、何か?

いろいろな意見があると思いますが、今回は引用される論文から考えてみたいと思います。

学術業界では、論文を引用されることは、名誉だとされています。引用数とは、つまり学者が世界にどれくらいの影響力を与えているかですからね。

世界大学ランキングを決める際にも、論文の引用数についての項目があります。

引用とは、ブログ界で言えば、被リンクですね。被リンクは、名誉ですよね。ブログは、被リンクが多いほど、ドメインパワーが上がっていきます。

論文は、ブログよりもフォーマルなものなので、引用されるハードルは、ブログの被リンクよりは高いでしょう。

その論文が引用される文章の条件を考えれば、良い文章の条件が見えてくるはず。

ワシントン大学の研究で、引用されやすい論文の文章についての言及があったので、それを解説していきます!

ワシントン大学の研究では、論文の引用数は、論文の内容だけで決まるわけではないと言っています。実は文章の面白さも関係してくるのです。

ワシントン大学は、面白い論文の要素を8つにまとめました。

感情にうったえるストーリー

やはり文章には、ストーリーが大切になってきます。

研究では、内容が素晴らしいと評価された文章ほど、感情にうったえていました。

どんな研究者も、論文を客観的に読もうとしますが、ストーリーを語られると、読んでいるうちに感情が乗っかるんでしょうね!

たしかに、本を読んでいても理論を語るだけの本よりも、ストーリーを交えながら理論を紹介してくれる本の方が読みやすいですよね。

ブログでも、できるだけ感情にうったえるストーリーを入れましょう!

いつ、どこで、誰が

いつ、どこで、誰がを意識して書くことが、論文の引用数に関係してきます。

いつ、どこで、誰が、がしっかりしていると、読み手がイメージしやすいのが原因でしょう。

読みやすさ=面白さ。という図式は、ブログ界では、昔から言われていることなので、今更驚きもありません。

筆者の立ち位置

筆者の立ち位置とは、意見を明確にするということ。

反対なら、しっかりと反対を突き通す。
最初は、断固として反対なのに、文章中で部分的に賛成とかしちゃうと、読み手が混乱してきますからね。

記事を書く前に、立ち位置をしっかりと決めて、意見を一貫させましょう!

感覚的な感想

感覚的な言葉が入っていた方が、文章が分かりやすくなるんだそう。

例えば、美しいとか、心地いいとか、熱いとか…
そういった感覚の言葉が文章に入っていると、読み手が理解しやすくなるんだとか。

たしかに、感覚的な表現がたくさん入った食べログレビューとかみてると、面白いですもんね。

この続きをみるには

この続き:2,661文字

世界の研究者が使っている意外な文章術を使えば、ブログで生活できる!

大葉せんせい

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

大葉せんせい

「3分で読める面白い考え方が身につく記事」をテーマにブログを運営中毎日20時に更新。アニメ〜経済まで幅広く面白い考え方を紹介します!https://t.co/oLUGDLpOeb
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。