パトロン_タイトル_ベアランド版_001

『ルマニア戦記』‐Lumania war record‐ (♯001)

第一話 

『実験機で初出撃!』 Part1

  朝も早く、まだ薄暗い、更衣室。
 人影は、ぽつり、とひとつだけ。
 シンと静まり返った中で、何とも言えない面持ちをして立ち尽くしている。
 ただ無言で、ある種の感慨にふけるかのようにみずからの更衣室のボックスと向かい合っていた。
 シャッター式の扉は開け放たれ、その中に吊される、ひとがたをした一揃えの真新しいスーツをまじまじと見つめる……!
 真顔のまだ若いのだろう青年パイロットだ。
 その口の端が、かすかにニマリとほころびかけたその瞬間、この背後ではにわかにやかましい気配が巻き起こる。大股のドタンドタンとした足音も聞こえてきた。

「……!」
  途端に鼻先の突き出た大きな口元、ムっとへの字口にして殺気立つオオカミだ。
 おまけにチッと小さく舌打ちして、どこかしらよそへと視線を向ける。
 まるで我関せずの態度で素知らぬそぶりだが、やがて入り口にのっそりと現れたでかい人影はそんなことまるでおかまいなしにズカズカと中に入り込んでは、でかくて平たい大口開けて陽気にのたまうのだった。
 「ふっふふ~ん! お、おっはよう、シーサー! なんだい今日はずいぶんと早起きじゃないか? まあぼくもそうなんだけど、やっぱり待ち遠しいもんだよな? ようやく本国から送られて来た、ぼくらの専用実験機がお披露目されるんだからさ! おかげで昨日はなかなか寝付けなかったよ」 「……っ!」 
 馴れ馴れしいことすぐ真横に付けての挨拶にあっても、明らかに不機嫌面したオオカミ男は舌打ち混じりにそっぽを向いてくれる。
 対してお互いに隣り合わせのロッカーだから横に付けるのはもはや当然! この相棒の素っ気ない態度にももはや当たり前ですっかり慣れきったでかい図体のクマだ。構わずに自らのロッカーを開けるとテンションがなおのことぶち上がる。
 「わお! 新品のスーツじゃないか!? 本国からやって来たアーマーと一緒に支給されてたんだ? ちゃんとしたぼくらルマニア正規軍のパイロットスーツ!!」
  また横で低い舌打ちめいたものが聞こえるのもまったく気にならないさまで太い両腕でむんずとつかみ上げた新品の軍用スーツを鼻先でしげしげと眺めては、喜々としたさまで小躍りするそれはご機嫌なクマ人間だった。 「あっはは、コレコレ! 地味でいかつい全身モスグリーン!! やっぱりコレじゃないと立派なルマニアの軍人さんとは言えないもんな? 正直、いつまであんなまっちろくて窮屈なテスパスーツを着させられるのかってうんざりしてたんだけど、汗臭いオンボロともめでたく今日でおさらばだよ!! もうどこにも見当たらないし? それじゃ早速試着しないと! あ、でもサイズが違ってたら交換とか効くのかな??」 
「たくっ、知らねーよ! つーか、ぶくぶくと太った汗っかきなでかグマなら、何を着たって変わりゃしねーだろうが? くだらねえ文句は本国のヤツらに言いやがれっ……」


※ホームページでもやっています! 予定としては、こちらで下書き(第④話以降)したものをホームページでまとめるカタチ…になるのか??
http://oonuki1.m3.valueserver.jp/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

オリジナルのノベルやデザインを精力的にやらかしていきます♡ 愉快な動物キャラのドタバタコメディ! よろしければ応援してあげてください(^^)/

リドル「ノベルの脇役、リドル伍長であります! スキ、感謝いたします!」
2
ひっさしぶりに舞い戻ろうとしたら、初期のアカウントを喪失してしまい、やむなく二度目のアカウント取得です♪  オリジナルのノベルやキャラデザイン、ラクガキからイラストまで幅広くやっていきたいのですが、飽きっぽいのが玉に瑕♡ よろしかったらお付き合い下さい!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。