「読み」のプロセス~将棋を料理に例えたら~

「読み」とは?「読む」時はどんな工程を踏んでいるのか?ということについて、皆さんの身近な「料理」にたとえてお話ししようと思います!

読みのプロセス
「読む」を分解すると、①状況把握②候補をあげる③先を読む④評価⑤指し手の決定という5つのステップに分けられます。言われてみればなるほど!というラインナップだと思いますが、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

1、状況把握
堅く言えば「局面の認識」です。「読む」対象の局面をよく見て、「攻められてるなー」とか、「飛車が危ないなー」といった状況を把握します。

これは料理に例えていうなら「料理を作る前に冷蔵庫の中身を確認している」段階。どんな材料があるのかをしっかりチェックして、今日の献立は何にするかを決める準備です。

料理上級者になると自分の冷蔵庫の中に何がどれだけ残っているかがしっかり頭に入っているように、将棋が強い人ほど、この「状況把握」をする速度は速く、しっかりしています。

2、候補をあげる
冷蔵庫の中身を確認したら、その材料で何が作れるかを色々と考えますよね!その段階です。「人参、玉ねぎ、じゃがいもがあるからカレーはできる」とか「いや、でも肉じゃがもできるなぁ」という感じです。

例えば冷蔵庫の中身が少ないと「えー!これじゃ何も作れないよ!」と、混んだ手が何も考えられないですよね。将棋の「指し手がない」「いい手がない」状態というのは、それに近いです。

逆に冷蔵庫がパンパンでいろんな食材が詰まっていたら「パスタもできるし、オムライスもできる!筑前煮もできそう」と、作れる献立がたくさんあります。将棋ででてくる「指したい手が多い」という状態は、そんな感じです。「作れる料理が多い冷蔵庫の状態」は将棋の「いい状態」と言えるでしょう。

将棋の用語に「忙しい」という言葉があります。これは例えるなら「賞味期限が切れそうな食材が沢山ある」状態で、「これも使わなきゃ」「早く食べなきゃ」と、対応が差し迫っている感じです。

3、先を読む
何を作るかの候補を決めたら、その先どうなるかを考えます。「カレーを作るなら、先にご飯を炊いておいて、その間に材料を切っておこう」とか「オムライスにするならスープとサラダも欲しいけど、材料はあるかな?」と言った具合。

ここであまり考えずに作り始めてしまうと「お醤油切らしてた!」「肝心のルーが足りない!」となってしまうので、注意が必要。

将棋は「この手を指す」「相手がこうするだろう」「その時自分はこうする」の3手の読みが基本。相手が何をしてくるか?の想像力が大切です。

1の「状況把握」が不十分だと、この「先を読む」段階でミスが生じることがあります。例えば相手の駒の存在を忘れていて「うっかり取られた!」とか、自分の持ち駒のことをすっかり忘れていたりとか。それぞれの段階は後に影響を与えやすいので、それぞれの段階を丁寧にやっていけるようにしましょう。

4、評価
ざっくりいうと「善悪の判断」です。候補をあげて、先を読んだ結果「その手を指してもいいのかどうか」や、候補同士を比較検討して「どの手がいいのか」という評価を行います。

「明日からしばらく家を空けるからカレーはやめておこう」とか「材料がピッタリ揃ってるからオムライスにしよう」とか、先読みをもとに総合的に評価する感じ。

要は「その手でいいかどうか」を判断します。

5、決定
「この手に決めた!」という段階。「今日のご飯はカレーよ!」とみんなに宣言する感じですね。決定をしたら、実際に指します。

いかがだったでしょうか?「読む」も分解すると5つもの過程を経ていることがなんとなくでもお分かりいただけたかと思います。

どのステップも大切なので、読むときにそれぞれのステップを意識してみると、読み間違いや読み抜けがへるかもしれません。

今回の「読みのプロセス」については「対局者スクリプト」として伊藤毅志教授が定義されています。更に詳しく知りたい方は参考文献をお読み下さい。

参考文献
[伊藤 1999] 伊藤毅志: 将棋における人間の認知過程,ゲー ムプログラミングワークショップ’99,pp.177-184,1999.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます!いただいたサポートでプリンを食べ、その幸福感でまた記事を書くので実質ゼロカロリー。 「スキ」を押すと、山口語録がランダムで出ます!

どうする?みたらす?
45

山口絵美菜

将棋

将棋についての真面目なnoteです。主に将棋を始めた方に向けて、優しい部分を確保したい気持ちで書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。