おかもと

編集者/キャンプブログ主/フレンチテクノポップブログ主 https://about.me/orange_juno

電子書籍版(Kindle/PDF・EPUB)発売!

電子書籍版の制作に没頭していたこともあり、しばらく放ったらかしになってしまっていましたが💦、3月25日にDesign Systems − デジタルプロダクトのためのデザインシステム実践ガイドの電子書籍版を発売いたしましたので、ご案内します。

電子書籍版は、発行元のボーンデジタル直販版とAmazon版ではデータ仕様が異なります(内容は当然ながら同じです)。

直販版「Design Systems

もっとみる

次世代Webカンファレンス2019 デザインシステムに関する議論の備忘録

このマガジンで全文公開を進めている書籍「Design Systems − デジタルプロダクトのためのデザインシステム実践ガイド」ですが、監訳者の佐藤伸哉さん、レビュワーの長谷川恭久さんが登壇されたイベント「次世代Webカンファレンス2019」が1/13に開催されました。

個人的な備忘録として、セッションの動画、ツイートなどをまとめておきますので、書籍を併せて目を通していただけると有意義かもしれま

もっとみる

4章 認知パターン 内容紹介(1)

今日から新しい章、4章「認知パターン」を見ていきましょう。認知パターンとはアイコン、色、タイポグラフィなど、特定の種類の外観にしたり、感情とプロダクトの結びつきを強めたりするのに使われるパターンです。全6回の予定です。

このマガジンは、2018年12月21日に全国書店、25日にAamazonで発売された「Design Systems − デジタルプロダクトのためのデザインシステム実践ガイド」を編

もっとみる

年末年始に届いた、📕の読後の感想など

このマガジンで全文公開を進めている書籍「Design Systems − デジタルプロダクトのためのデザインシステム実践ガイド」ですが、12/25のネット発売を経て年末には書籍全体でベスト50に入るなど快調な滑り出しを見せました。皆さま、本当にありがとうございます。

年末年始の「課題図書」としてお読みいただいた方も多く、いくつか読後の評価をいただいています。全文公開の再開に先立ち、年頭のノートと

もっとみる

3章 機能パターン 内容紹介(4)

3章「機能パターン」は、このノートが最後です。機能パターンを定義する際に有用なテクニックについて見てきました。最後に、似ているパターンを強弱や度合いといったスケール上で比較し、定義したパターンを検証するための仮説としてコンテンツを扱う方法について解説します。

このマガジンは、12月21日に全国書店、25日にAamazonで発売された「Design Systems − デジタルプロダクトのためのデ

もっとみる

3章 機能パターン 内容紹介(3)

機能パターンを定義する際に有用なテクニックについて続けましょう。パターンマップやインターフェースインベントリーで機能パターンを定義したら、次にパターンを行為でとらえて構造を描き、パターンの機能を明らかにします。

このマガジンは、12月21日に全国書店、25日にAamazonで発売された「Design Systems − デジタルプロダクトのためのデザインシステム実践ガイド」を編集している私が、個

もっとみる