文章苦手な初心者がnoteを1ヶ月間やってみた結果

色々な人のnoteを見てると、始めてから1ヶ月の感想を書いている人をよく見かける。ちょうど今日で1ヶ月になったので、私も感想を書いてみることにした。

noteを始めたきっかけ

おそらく、元々はライター向けの課金が出来るプラットフォームなのだろう。でも漫画を掲載している人もいれば、小説を掲載してる人もいれば、プログラムのハウツーを書いてる人もいるので、ある意味何でもありだ。
会社単位でメンバーそれぞれが社内外に発信するオウンドメディアとしてnoteを活用している企業もあれば、サブドメインがnoteという企業もある。広報を設けずに、従業員含むステークホルダーが全員エヴァンジェリスト(伝導者)という新しいスタイルに思える。

自分の周りにいるエンジニア界隈でもqiitaではなく、noteを書く人が増えてきたように思えたので、試しに1ヶ月書いてみようと思ったのがnoteを始めるきっかけだった。

今までブログ自体真面目に書いたことはなく、そもそも文章で何かを伝えることも苦手だったのだが、やってみるとなかなか奥が深く勉強になりこれって面白いかもしれないと思えたのが率直な感想だ。

最近Facebookやinstagramはレコメンドエンジンのお陰で時系列がおかしくなっていて、先週のイベント告知を今頃知るみたいなことが増えているが、noteは時系列がしっかりしており、検索機能も強いのでとても使いやすい。多分、余計な広告がないから使いやすい設計になっているんだろう。広告モデルではなく、CtoC型課金モデルのSNSというのは世界でもあまり例が無いような気もする。
noteは文字制限もなく、章だてて幾つも自由に書くことが可能だが、長すぎても良くないし、短すぎても良くない。スマホでさらっと読めるようなちょうどいい文章量があるようだ。
そしてどのくらい読まれたのかがわかるダッシュボードも便利。アクティブユーザーが多いからなのか思ったより読まれているようなので、スキの数だけが承認欲求のKPIという訳でもない

他のSNSでは文字の強弱引用OGイメージの表示や、文章中に写真を挟むようなレイアウトが出来なかったのに対し、それが可能なUIという点もポイントが高い。
ブログとして考えると「はてなブログ」や「qiita」等と似たようなUIではあるが、noteのほうがプロのライターも多いので中身が濃く、ついつい読み漁ってしまう中毒性回遊性がある。他人のnoteを読んでスキを押したり、自分のマガジンにまとめたりする行為もなかなか楽しい。

note映えがあることに気づく

noteを読んでいて気付いたのはインスタ映えのような「note映え」が存在することだ。キャッチーなタイトルや写真、冒頭の文章の惹き付けかた、起承転結のある文脈と、締めの言葉でぐいぐい惹きこんでいくnote。冒頭で読者が身近に感じられるコトから入り、データや引用で根拠を示し、最後に自分の気持ちを書いて締めるストーリー展開は、受験の時に嫌というほど書いた論文を思い出す。
noteを書くようになってからは、何気なく読んでいた雑誌や本も書き手の思いを意識して読み解くようになったり、この書き方真似てみよう、という文章に出会うようにもなった。自分にとっては気付きが多く、大進歩である。

note初めは自己紹介が鉄板

まず何を発信したら良いのか?私に何か発信するような価値があるのか?そんな疑問を持ちながらだったが、noteには初心者が初めに何か書きやすいよう「プロフィール」というメニュー設定があるので、まずは自分語りから始めてみた。
(このあたりのUX/UIは考えられているなあと少し感心した)

私はこれまで自分のプロフィールを短くストレートに伝えることが出来ずにいた。自分がこれまでやってきたことや興味が多方面に向いていたため、一本化したストーリーにならず、ちぐはぐになっていたからだ。これは双子座の宿命かもしれない、と半ば諦めてかけていたのだが、noteではそれぞれの方面のプロフィールが書けるではないか!と書いた後で驚いた。
note映えするよう、写真を挿入してみたり、共感から入る語り口も書いていくうちにだんだんとこなれてきた気がする。

note1ヶ月目の結果

さて1ヶ月間の結果だが、全体の購読数は4876人に対して、191人にスキを押していただいた。これが多いのか少ないのかはよく分からないが、皆さん本当にありがとう。感謝しかない。

投稿を増やしてダッシュボードを見ていくと、だんだん読者像が見えくる。特に多いのは、Twitterのハッシュタグやnote公式のお題から見に来てくれた人たちだ。今キャンペーン中の 北海道のここがえーぞ のハッシュタグは思ったより効果があった気がする。(Facebookからの誘引はよくわからない)
また、noteを単にTwitterでシェアするだけの結果と、140文字で要約してハッシュタグを付けた内容とではリアクションが全然違っていた。つまり惹き付けた内容と、その中身が想像以上なら読者も楽しんでくれるという、書いてて当たり前なことに改めて気づかされる。GoogleのSEOアルゴリズムと同じかもしれない。

昔、ライター養成講座とか、そういった講義を受けようと思ったこともあるが、やはり自分でやってみないと気づかないことが多い。「習うより慣れろ」や「やってみなはれ」は、私の大好きな言葉である。

note初心者の方はこちらも参考になります。(深津さんありがとうございます)



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

月額課金のためのサポートいただけると非常に喜びます

よろしければSNSでシェアもお願いします!
101

Osamu Iwasaki

I lived in Hokkaido. Web designer & engineer from 1995. Essentials【Sapporo】 & SIMONE【Tokyo】. and Ishikari angelcrea boys and girls choir.

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。