哲学の使命とは、誰もが深く納得できる「共通の了解」を見出すこと。

先日こんなツイートをしました。

今日はこれについて少し書き足しておきたいと思います。


哲学の使命とは、誰もが深く納得できる「共通の了解」を見出すこと


みなさんは「哲学の使命」が何であるか考えたことがあるでしょうか?


恥ずかしい話、僕は今まで1ミリも考えたことがありませんでした。


誰かに「哲学とは何たるか?」と聞かれれば、「哲学とは、ものの見方」と応えるようにしていたんですが、哲学が持っている「使命」までは、頭が回っていませんでした。


ところが最近、ついにその使命を知る時が来たんです。

それは、この本を読んでいた時に訪れました。



これは世界の教育事情を知るリヒテルズ直子さんと、教育哲学について探求している苫野一徳(とまのいっとく)さんの共著なんですが、ざっくり言うと、いままでの「公教育に対する疑問」を解消してくれる一冊となっています。「教育における自由」とはなんぞや、みたいなことも教えてくる内容で、この本を読んですっかりお二人のファンになってしまいました。


それで、この本の中に「哲学の使命とは何か」という記述がありまして、ここで書かれていた説明がめちゃくちゃ腑に落ちてしまったんです。


引用にてご紹介したいと思います。

(前略)ちなみに、ここでいう”本質”や”原理”は、「絶対の真理」といった意味の言葉ではまったくありません。それは、お互いの対話を通して、とことん追いつめて考え抜くことで見出されるべき”共通了解”可能な「考え方」です。
ですから哲学は、時折誤解されているように、「絶対の真理」を探求するものなどではありません。むしろ哲学は「絶対の真理」など(わから)ないということを、これまで力強く論証してきたのです。
ここではそのことを詳論する余裕はありませんが、真理ではなくできるだけ誰もが深く納得できる”共通了解”を見出すことこそが、哲学の使命なのだということは、読者の皆さんにぜひ知っておいていただきたいと思います。(P176)


この本によれば「誰もが深く納得できる共通了解を見出すこと」それが哲学の使命ということなんですが、とっても納得感高く、ストンと腹落ちしました。

そしてそれと同時に、改めて哲学の必要性を強く感じました。


今なぜ、哲学が必要とされているのか?

近頃、哲学に対するニーズが日に日に高まってきているように感じます。


「なんでだろう?」と考えると、その背景にあるのは、現代に「絶対の正解がない問い」が溢れているからなんだと思います。


環境問題、格差問題、資源問題、人口問題、テロリズム問題、エネルギー問題など、ニュースなどでよく見聞きするこれらの問題には絶対の正解というものが存在しません。このような類のものがホントに多いです。


それでも、社会をより良くしていくためには、なんとかして世界中の人々の共通了解を見出す必要がある。だからこそ「哲学」なんだろうなと。


例えば、2015年に国連が定めた「SDGs2030」は、まさしく哲学的なアプローチが求められる国際的な目標なのではないでしょうか。少なくとも僕はそう思っています。


さいごに

最近、とあるブランドのプランニングをしているんですが、そんな中での気づきをこの前少しつぶやきました。

フィロソフィーってのは要するに哲学(ものの見方)のことなんですが、ブランドを作る時にも大事なのはやっぱり哲学だと僕は思います。

考えていることややっていることが、あちらこちらで繋がり出していてなんか面白い感じ。

それでは今日はこの辺で!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは新しい視点を増やすための費用(書籍の購入や会食など)として、活用させていただきます!

今年のビルケンシュトックは買い!👞👞
14

田中 新吾

マーケティング会社でキャリアを積み、現在はコミュニケーションデザインという領域で活動しているコミュニケーション・ディレクターです。いつもチョコバナナのことばかり考えてます。座右の銘はI'm all ears. 詳しくは http://html.co.jp/Shingo_tna
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。