ドメインがインターネットの上に「好きな気持ちの発信基地」をつくってくれた。

最近、チョコバナナが好物であることを示すために「chocobanana.best」のドメインを取得した。

チョコの相手となる果物はバナナ以外には見当たらない。つまり、チョコとバナナは最高の組み合わせであるということで「.best」に決めた。

取得した後、その旨をプロフィールにもしっかりと入れ込んだ。

(そういえば、最近見つけたHTML名刺がめちゃくちゃ良いです)


それからというもの、TwitterやSlackでチョコバナナを介したコミュニケーションが急に増えて、今とても幸せな気持ちに包まれている。

こんな感じでチョコバナナのレシピもおすすめされるようになった。インターネット上でこんなにも幸せなことが今までにあっただろうか。

ラク速レシピのゆかりさんが作られているチョコバナナ関連のレシピは他にもあって、激刺さりしたのは塩チョコバナナホットサンド。

いい意味でやばすぎて恐くて手がつけられない。でも勇気を出して近々作ってみようと思っている。


少し脱線するが、お祭りでよく見かけるあの「チョコバナナ」は誰の手によって生み出されたのか、知っている人はどれくらいいるだろうか。

それを生み出したと言われているのは、「縁日グルメ界のエジソン」と呼ばれる榊屋という和菓子屋の小林文雄さん。

小林さんがチョコバナナの開発したのは1970年(この時、35歳)。当時はまだまだ高価な果物であったバナナに、湯煎したチョコレートをまとわせ、縁日屋台の商品として売り出したところ一躍大ヒットしたらしい。

もう小林文雄リスペクトである。チョコバナナは「世紀の大発明」と言っても過言ではないと思っている。


ここから話をドメインに戻す。

実は、このドメインをとったのは「チョコバナナが好きである」ということを示すため、という他に「別の目的」があってとった経緯がある。

その目的がなかったらもしかしたら取るに至らなかったかもしれない。


でも、どんな経緯であれこのドメインを取ったことで得た大きな気づきがあるのでここに記しておこうと思う。

それは、ドメインがインターネットの上に「好きな気持ちの発信基地」をつくってくれたということである。


今、自分が好きだと思うことはインターネットの上でいとも簡単に、いくらでも発信することができる。テキスト、写真、動画など手段も多様だ。

そのことは分かっていながらも、僕は今まで好きな物事についてほとんど発信することがなかった。過去に発信したこともあったがほとんど続かなかった。

でもドメインを取得したことで、その理由がようやく分かった。

「足場」がなかったのだ。

足場がないから当然自立することができない。自立することができないから、好きだという気持ちもどこか嘘っぽい。だから、好きな気持ちを外向けに発信するのがなんか嫌だったのだと今思う。


でも、これからは違う。僕は「chocobanana.best」というインターネットの上に自分の足で立てる足場を得た。ここは今のところ僕だけが立っている足場でありオンリーワン。この広いインターネットの海の中で、一人で立つことができる場所をようやく得た。今そんな感覚でいる。

これまでもHPやブログをつくる際に、独自のドメインを取ることはあったが(今も3〜4個も所有している)、それとこれとは全く別物だ。今後は好きな気持ちを堂々と発露していきたい。


僕はこの足場のことを「好きな気持ちの発信基地」と呼んでみることにした。

インターネットの上に、好きな気持ちの基地(ドメイン)をつくると、好きな気持ちを発信するのがとてもやり易くなるかもしれません。外向けには今後こういう説明をしてみようと思っている。


実を言うと、「chocobanana.best」以外に「chocobanana.love」というドメインもとった。片足でずっと立つのは辛いかもと思って二本の足で立てるようにである。この二つのドメインがプロフィールに並んでいたら、誰が見ても「この人めっちゃチョコバナナのことが好きなんだなあ」と思うのではないだろうか。

当然のことながら、それぞれドメイン料は取られているがこの広いインターネットの海の中に貴重な足場ができたと考えると大した金額ではない。


おわりに。チョコバナナの価値は美味しいだけじゃない。この世の中の老若男女が知っているという「日本の最大公約数」的な価値もあると思っている。だからこそ、チョコバナナには社会を変える力がもしかしたらあるのかもしれない。最近はこんなことも考えている。

それでは今日はこの辺で!チョコバナナ最高。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは新しい視点を増やすための費用(書籍の購入や会食など)として、活用させていただきます!

ピースの角度は30度?
13

田中 新吾

マーケティング会社でキャリアを積み、現在はコミュニケーションデザインという領域で活動しているコミュニケーション・ディレクターです。いつもチョコバナナのことばかり考えてます。座右の銘はI'm all ears. 詳しくは http://html.co.jp/Shingo_tna

コミュニケーションデザイン

コミュニケーションデザイン系の記事をまとめています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。