ブルーシードバッグから考える社会性

ブルーシードバッグ

2017年グッドデザインアワードにて特別賞復興デザイン賞を獲得したもので、モノの意味を転換して、被災地に希望をもたらし、地域外と繋ぎ、支援にしていく、大変優れた取り組みである。

先日、三菱地所で働く知人が言っていたのだが、企業においてはSDGsやESG投資など「社会性」を重視せよといった流れがとにかく大きくなっていて、事業もそこで働く人も今大きな変化を余儀なくされているという。しかし、どうしたらいいか分からないという声も少なくないようだ。

そうした企業で働く人たちは、ブルーシードバッグのような地域の素晴らしいプロジェクトにどれほど目が向いているのだろうか。実際のところ私には分からないのだが、個人的にはまだまだ少ないのでは?と思っている。何故ならば日常会話レベルで出てくることがほぼないからだ。

全ての物事はなんだかんだフラクタルな関係にあるため、このプロジェクトのような社会的に評価を受けている事業の仕組みを知っておくことは、今後の事業デザインに役立つことが十分に考えられる。震災をキッカケに生まれた社会性と事業性がバランスよく組み合わさったこのプロジェクトについて私なり記事にして伝えていくことが、誰かの小さなインスピレーションに繋がったら嬉しい。そしてこのプロジェクトへの参加者・支援者が少しでも増えることに繋がればと思う。

プロジェクトデザインについて

まず、どんなプロジェクトなのか箇条書きにしてみます。

・被災地 熊本/大分の「ブルーシート」を回収

・回収したブルーシートで「バッグ」を作り販売

・バッグの制作に関しては同じ熊本・大分の事業者に外注

・収益は「製造原価」「活動費」そして「被災地への寄付」に別れる

・事業主体は一般社団法人「BRIDGE KUMAMOTO」 

これだけでも「分かる」のですが、より分かるように、関係性や流れを図にしてみます。

お金の流れとブルーシートの回収から販売までを図示してみました。

そして、この図に「仕組みのポイント(灰色)」と「ステークホルダーのベネフィット(白点線枠)」を描き加えてみます。

そうするとこんな感じになりました。

この続きをみるには

この続き:1,822文字/画像2枚

ブルーシードバッグから考える社会性

田中 新吾

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは「新しい視点」を増やすための費用(書籍の購入や会食など)として、活用させていただきます!

今日はとてもご機嫌です!
24

田中 新吾

地域とデザイン

地域とデザイン記事まとめ
3つのマガジンに含まれています

コメント2件

大学時代にブルーシードバックと大学でコラボをしたことがあります。企業との接点ということでそうしたコラボももっとあるといいかなと思いました!http://volunteer-aoyamagakuin.jp/news/collaboration_bag/
そうでしたか!それはとても素晴らしいですね!その通りで企業コラボあって良いと思います。名入れができるのでノベルティとまではいかないですが、何かイベントに出展する際には個数限定で販売するなどすぐに企業が取り組める社会貢献活動ですよね。共有ありがとうございます!!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。