「一人で居たい」と思えるのは幸せなこと。

このあいだ、こんなツイートをしてみました。

早速、反応もいただきまして、ありがたいかぎりです。

ホントに驚くほど、@sho_tripさんとは思考の瞬間が重なるようです。

と、いうことなんですが、今日はこれについて少し補足をしておきたいと思います。


「一人で居たい」と思えるのは幸せなこと

僕は「一人で居たい」と思うことが結構あります。

一人の時間が欲しい、一人になりたいなど、一人で居たいとよく思います。


でも、ふと思いました。

「一人で居たい」と思えるって「自分の周りに他の誰かの存在があるからだよな」って。


これはとても極端な例ですが、この世界にぼく一人しか存在していなかったとしたら、「一人で居たい」なんて言葉が生まれるはずがありません。

だって、一人しか居ないから。というか「一人」という言葉すら生まれていなかったのではないでしょうか。


結局、自分の周りに支えてくれている誰かの存在があるから「一人」という言葉が存在し、そして「一人で居たい」という感情が生まれているということだと思います。


こう考えると、「一人で居たい」と思えるということはとても幸せなことだと思ったんですよね。

ホントに辛いのは「一人で居たい」とも思えない状態になってしまうことだと思います。つまり「孤立」です。


孤立とは、自分から関係性を断ち切ること

こんなことを考えていたら、前にこんなツイートをしていたのを思い出しました。

孤立とは「自分から関係性を断ち切ること」だと僕は思っています。


独自の考えは大切だと思うけれど、それにこだわりすぎると、ひととの関わりが削ぎ落とされてしまう可能性があるので十分に気をつけたい。

これを忘れずにしっかりと心に留めておきたいと改めて思った次第です。


さいごに

孤独という「ひとり」は一人では感じることができません。孤独は、誰かの存在で確認するものです。

だからこそ、孤独というのは「人間である証」と言ってもいいのではないでしょうか。


そして、孤立は仲間が欲しいのに誰もいない「ひとり」のこと。

さらに言うと、孤高は誇りのある「ひとり」ということになります。


こんな感じで人間はいつも「ひとり」なんですけど、自分がいまどんな「ひとり」か知るように心がけることは、この先をよりよく生きていく上でとても大事なことなんじゃないかって、思います。

なんか偉そうなこと言ってすみません。

それでは今日はこの辺で!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは新しい視点を増やすための費用(書籍の購入や会食など)として、活用させていただきます!

いつでも思考の壁打ち付き合いますよ!
26

田中 新吾

マーケティング会社でキャリアを積み、現在はコミュニケーションデザインという領域で活動しているコミュニケーション・ディレクターです。無名なブランドを引き上げていく支援に燃えます。好物はチョコバナナとサウナ。

何度でも読みたい

何度でも読みます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。