ブランド・コンセプトが明確なので意思決定が絶対にブレない。

今朝、SNS上で話題の「イケウチなひと。」でこんな記事を読みました。


豊かさを感じられる空間は、触れるものひとつひとつの「質」からつくられていく- 銭湯「小杉湯」平松祐介・塩谷歩波 -


今日はこの記事を読んで考えたことを少し書いてみたいと思います。

小杉湯さんは、ブランド・コンセプトが明確なので意思決定が絶対にブレない

ホントに素晴らしい記事だったので、一気に読み終えてしまいました。

個人的に特に響いたのはこの部分です。


バスタオルひとつ取っても、洗濯に時間がかかるから、家族やスタッフからも「200円で貸してくれ」とは何度も言われているのですけど(笑)。
でも200円で貸してしまったら、それはもう、暮らしをつくるではなくなってしまうので。
やっぱり、「銭湯のある暮らしをつくる」をいつも意識しているから、より豊かさを感じられる選択をしていきたい。


小杉湯さんのブランド・コンセプトはとても明確なんですが、「銭湯のある暮らしをつくる」です(だと思います)。


この記事を読んでいて感じましたが、意思決定のすべてがこのコンセプトに基づいているんです。


経済合理性を考えれば、当然レンタル価格を200円に切り替えると思うんですけど、決して動かぬこのコンセプトがあるので、小杉湯さんは40円でのレンタルを貫いている。


コンセプトが超明確なので、意思決定が絶対にブレていないんですよね。

こういうブランドは、ますますブランド力がついてくると思います。


イケウチなひとを展開するイケウチオーガニックさんもまさに同類だと思っていて、明確なコンセプトをお持ちなので意思決定が絶対にブレません。

フィロソフィーとパーソナリティーが抜け落ちている


僕はブランドのプランニングなどを手がけることがあるのですが、

とりあえず「ブランド」という言葉を使っているだけなのでは?みたいな胡散臭さを相対するひとから感じてしまうことがあります。


そして、そういう人にかぎってブランドネームやロゴを作ることに引っ張られがちですし、まず「ストーリーが大事!」とか言い出します。


でも、今までいくつかのプランニングに関わらせてもらった経験のあるぼくから言わせてもらうと、それではまったくブランドにはなり得ないんですよね。


重要なのは、小杉湯さんにおける「銭湯のある暮らしをつくる」のような、絶対にブレれることがないコンセプトを作ることです。


ここで勘違いしないで欲しいのは、コンセプトを作るというのは、いい感じのキャッチコピーを作ることではありません。


そのブランドのターゲットをしっかりと決めて、そのターゲットにどんな価値を提供するかを言語化したものこそがブランド・コンセプトです。


そして、このコンセプトをつくる際にもっとも重要なことは、そのブランドにとってのフィロソフィーとパーソナリティーなんですが、ブランドになり得ていないと感じるものの多くは、この二つが抜け落ちていることがホントに多いと思います。


フィロソフィーとパーソナリティーが抜け落ちているから意思決定がブレてしまい、その結果、ブランドになることができないということです。

逆に、この二つがちゃんとあれば、意思決定がブレることなんて絶対にないと僕は思っています。


特に大手と比べて、広告宣伝費や研究開発費が少ない「小さなブランド」であればあるほどこの考え方が不可欠なんだと思うんです。


さいごに

以前から小杉湯には行ってみたいと思っていたのですが、イケウチなひとの記事を読んでこの気持ちが一層高まりました。

なので、今年こそは行ってみたいと思います!


行く前にやっぱり銭湯図解は読んでおかなきゃですよね。塩谷歩波さん、まじで愛とセンスの塊ですね....

それでは今日はこの辺で

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは新しい視点を増やすための費用(書籍の購入や会食など)として、活用させていただきます!

ピースの角度は30度?
12

田中 新吾

マーケティング会社でキャリアを積み、現在はコミュニケーションデザインという領域で活動しているコミュニケーション・ディレクターです。いつもチョコバナナのことばかり考えてます。座右の銘はI'm all ears. 詳しくは http://html.co.jp/Shingo_tna

コミュニケーションデザイン

コミュニケーションデザイン系の記事をまとめています。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。