【HTML】<link rel="canonical">「カノニカル」について【学習メモ】

”canonical”(カノニカル)とは?

rel=“canonical”とは、ページ内容が類似もしくは重複しているURLが複数存在する場合に、検索エンジンからのページ評価が分散されないよう、正規のURLがどれなのかを検索エンジンに示すために用いる記述です。 [SEO HACKS]

例)

サイト1↓

http://www.example.com/osakana/

サイト2↓

http://www.example.com/osakana/osakana/

!「サイト2」のソースコード方に「カノニカル」を記載する。

↓記載するときのURLは「サイト1」のもの。

<head>

<link rel="canonical" href="https://www.example.com/osakana/">

</head>
おすすめ記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「この記事おもしろい!」「おさかなは海に帰れ!」 「泳げないおさかな…なんて…!」と、思ったそこのあなた!!!! ぜひ!サポートよろしくお願いします🙇 様々なジャンルの本を読むために活用させていただきます✨ 「え、読書する新種のおさかなだ!」と思ったあなたも!今すぐタッチ!

アタリ!
3

おさかな

学習メモ

「プログラミング」で学んだことのメモ書きになります。「コード」をたくさん載せていくので、ぜひ参考にしてみてください!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。