キーボード操作の「めんどくさい!」を解決!「KeySwap」を使ってみた!

みなさんこんにちは!このあいだ歯磨き粉とハンドソープを間違えた、おさかなです!(どうやって間違えたの…!笑)


今回はPCのキーボードの割り当てを変更することが出来る「KeySwap」を使用してみたので、感想などについて書いていこうと思います!

それでは、レッツゴー!!!!!

目次
1. 「Enter」を左手で打てたらいいのに…。
2. キーボードの割り当て変更!「KeySwap」とは?
3. 「無変換」に「Enter」を割り当てる!
4. まとめ

1. 「Enter」を左手で打てたらいいのに…。

右手でマウスを使用しているとき、ふと

「Enter」が左手で打てたら便利なのになー。

と思ったのですが、まさかそんなこと出来ないだろう…と興味本位で調べてみると…

あっ…!できる…!

(すっごい沢山のソフトがヒットしました…!かがくのちからってすげー!)

その中で個人的に、使いやすそうだなと感じたのが「KeySwap」だったのです!

2. キーボードの割り当て変更!「KeySwap」とは?

「KeySwap」は、キー割り当ての変更を行うことができるソフトです。 指定したキーに別のキーの機能を割り当てたり、特定のキーを無効化したりすることができるキーマップチェンジャーで、自分が使いやすいようにキーの割り当てを自在にカスタマイズできるようにしてくれます。
KeySwap - k本的に無料ソフト・フリーソフト
https://www.gigafree.net/utility/keyboard/keyswap.html

キーボード操作のちょっとした「めんどくさい!」を解消してくれるフリーソフトになっています!(とっても便利…!)

KeySwapのダウンロードページはコチラ!

3. 「無変換」に「Enter」を割り当てる!

それでは早速!「KeySwap」を使用していきましょう!

ダウンロードしたファイルを展開して、「KeySwap.exe」を選択。

右クリックで「管理者として実行」を選択して起動します。(「管理者として実行」を忘れると、開けないので注意…!)

無事に「KeySwap」が起動したらこのような画面になると思います! 

(おお~~~~!)

リスト部分に割り当てたいキーを入力していきます…!

おさかなは今回「無変換」に「Enter」、そして「Esc」に「BackSpace」を割り当ててみました。

入力が完了したら、「ファイルへ保存」を行ってからPCを「再起動」してください…!(ここ重要!)

実は、おさかなは再起動し忘れて、「反映されてない!なんでだろう!?」とずっと悩んでいました…😭(なんてこった…!)


再起動ができたら、キーの変更完了です!(お疲れさまでした…!)

「KeySwap」を使えば、いつでもPCを自分の使いやすいようにカスタマイズすることが出来ますね!!!!(ステキ…✨)

4. まとめ


今回は「KeySwap」を使って、キーボード操作の「めんどくさい!」を解決してきました!

いかがだったでしょうか?

とはいえ、新しいキーボード操作に慣れるまでは、かなり違和感があります…。(左手大忙し!!笑)

違和感がなくなるくらいまで使い込んでいき、ジャンジャン作業効率を上げていきたいと思います…!(ファイト!!!!!)

それでは今回はこの辺で!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

おさかなでした!


@osakana1699もフォローしてね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「この記事おもしろい!」「おさかなは海に帰れ!」 「泳げないおさかな…なんて…!」と、思ったそこのあなた!!!! ぜひ!サポートよろしくお願いします🙇 様々なジャンルの本を読むために活用させていただきます✨ 「え、読書する新種のおさかなだ!」と思ったあなたも!今すぐタッチ!

( ゚ー゚)!
24

おさかな

プログラミング学習

「プログラミング学習」に関して、誰が見てもわかるように丁寧に書いていきます。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。