見出し画像

孤独を癒す、“当事者”との出会い。

生きていると、思いがけない病や怪我に見舞われることがあります。

それらは痛かったり、息苦しかったり、不便だったりします。だけど、その全てに共通している最大の苦難は「孤独」にあると僕は思います。

僕はかつて「自律神経失調症」という診断を受けた時、社会から取り残されたような気持ちになりました。

当時の僕は、着せられたスーツが全く体に馴染まない、希望に満ちた新社会人で、 新人にしては大きな仕事をまかされ、期待にこたえようと必死でした。

だから心の病だと言われた時は、情けなくて、恥ずかしくて、申し訳なくて、一人で家で泣きました。 もう社会人だし、泣いているのも良くないんじゃないかと思って、 布団に潜り込んで、隠れるようにして泣いたのを思い出します。

東京は、羽ばたくための街だと、僕は思っています。

多くの友人が自分の可能性にかけ、翼を広げて飛び回るなか、 ただ一人地上に落下した僕は不格好な鳥だと、自分のことを思いました。 みんなの勇姿を眺める日々は、とにかく孤独で凍えるようでした。

僕はよく、「あの時『soar』があったらなあ」と思います。

孤独を癒すのは、自分以外の“当事者”との出会いより他にありません。

soarが“当事者”の方から手渡された回復の物語たちは、 順風満帆に空を飛びまわる人にとっては、 見えないくらい小さな灯りかもしれません。 だけど、傷つき、孤独の底に落ちた人には、これより他にはない希望の灯りとなります。

僕やあなたが、これから先もし何かの“当事者”となった時、soarは僕らを癒し、ひとりにしません。

だから僕たちは、ただ僕たちのために、soarというセーフティーネットを守り続けるべきだと、僕は思います。

soarは現在クラウドファンディングに挑戦中です。目標の800万円に満たない場合、一銭も彼らの手には残りません。残すところ【あと25日】。

どうか、少額でも、SNSのシェアだけでも十分ですから、ご支援くださると幸いです。僕たちの希望を、僕たちの手で守り、育てましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

#soar #soar応援 #クラウドファンディング #日記 #エッセイ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ぅちもやっちゅーねん!(倖田來未)
33

Naoki Ota

soar応援の声

soarメンバーやsoarを応援してくれているみなさんが、soarに対しての思いを綴ったコラムをまとめています。
1つ のマガジンに含まれています

コメント1件

太田さん

いつもsoarを応援していただいてありがとうございます😊
太田さんの記事はsoarの大切な記事です。

応援コメントもnoteも嬉しいです!
クラファン頑張ります💪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。