shimomu's mumic collection

8
ノート

Saucy Dogが描く、メンタルを貫通するほどのラブソング-新アルバム『ブルーピリオド』-

Saucy Dogがまたやってくれた。
10月2日にリリースされたばかりのアルバムにとんでもないキラーチューンが息を潜めていたのだ。

彼らが描くラブソングは等身大の恋愛観をベースにしているが、変な汚れ方をしていなくて、お互いに想い合っていた時間が柔らかくて温かみのある歌詞とメロディーで作られている。

彼らが注目されるきっかけとなった名曲「いつか」は自分の地元で想いを寄せていた子との別れの曲だ。

もっとみる

星野源のサブスク解禁が与える影響

タイトルにもあるように8月30日より星野源の全シングルとアルバムが各サブスクリプションにて配信が開始された。
今や''国民的ブラックミュージック''として確固たる地位と築いた星野源だが、さらにその地位が強まりそうに感じる。CDとしては敷居の高いシングルも他人にシェアしやすくなるのはサブスクの最大の利点だ。

ついに星野源まで解禁されたとなると、他のサブスク未解禁のアーティストが孤立していってしまう

もっとみる

志村正彦という男〈没後10年〉

才能あふれるロックスターは体力が落ちる30代を前に、全てのエネルギーを使い果たしこの世を去ってしまう。ジミ・ヘンドリクス然り、カート・コバーン然り。今年はとある日本のロックスターがこの世を去って10年になる。

彼の名前は「志村正彦」
ロックバンド''フジファブリック''のギターボーカルとして2000年から2009年まで活動し、大半の楽曲を作詞、作曲していた。

正直、当たり前な事なのだが、志村が

もっとみる

音楽の話 J-POPをモノにできるロックバンド

世間に売れる曲、ファンが求める曲の間で戦うバンドマン達。
タイトルにもあるようにJ-POPを目の敵にしてきた日本のロックシーンは変化している。今回はそんなロックバンドが作り出すJ-POPについて好き勝手に語る。

ロックバンドが生み出すJ-POPスピッツがその大きな成功例だ。
世間が聴きたいスピッツ、自分達がやりたいスピッツ、そのバランスがうまく取れている。スピッツはロックバンドだと言えばいまだに

もっとみる

音楽の話#3 正体不明の天才UKバンド''The 1975''

読者のみなさんには「こいつは天才か?一体何者だ?」と思うアーティストはいるだろうか。
私は昨日、noteのネタ探しをしている時に衝撃的なバンドを発見してしまった。イギリスの4人組バンド’’The 1975''だ。

きっかけは新しくスタートしたテラスハウス東京編を見ていたら冒頭で「Sincerity Is Scary」が流れてきて、深夜に目が覚めてしまった。テラハのスタッフの選曲のセンスは本当良い

もっとみる

音楽の話#3 海外で熱気を帯びる日本のバブル期シティポップ

こんにちは

日本でも近年人気な音楽ジャンル「シティポップ」その人気は国内に留まらず、アメリカでも熱気を帯びている。

特に70年代〜80年代のシティポップが人気で、山下達郎は''Citypop King'' 竹内まりやは''Citypop Queen''と英語版ウィキペディアで明記されるほどだ。Youtubeにアップされた山下達郎の動画のコメント欄は英語圏からのコメントで埋め尽くされており、竹内

もっとみる

音楽の話#2 つぐみんミュージック

みなさんご無沙汰です、ライターの下村です。

かなり遅れてしまいましたが今日は音楽の話。
今日はオトギボックスディレクターのつぐみんこと田中津久美の作品
「ジャズのレコードとチェックのマフラー」をレビュー?する。

彼女は大学で作曲を学んでいて、ジャズをベースにした作品が多く、私もしばしば作品を聴かせてもらっている。私的には好みの作品が多く、今回の作品も個人的にかなり好みであった。

https:

もっとみる

音楽の話 Suchmos 『THE ANYMAL』

今週水曜日は音楽の話。
先日発売されたばかりのSuchmosのフルアルバム『THE ANYMAL』がかなりの衝撃作だったので少し語りたい。

Suchmosといえば2017の音楽シーンに強烈な爪痕を残し、Yogee New Wavesやnever young beachと共にネオシティポップブームを牽引したバンドだ。

なぜSuchmosの音楽が若者たちの心を掴んで離さなかったのか、それは私達若者

もっとみる