ボイトレはブラックボックスビジネスって話

生徒募集の記事を書いていて、思わぬ批判的な記事ができてしまったのでこっちで全部書かせていただきます。
 募集の記事はこちら


情報共有する意味

 youtubeにもボイトレ系の動画を出してる人がたくさんいますが、これは理由があります。

 どんなに動画を公開しても、僕のようにどんなに記事を書いても困ることは全くないからです。

 理由は簡単で、基本的にどんなにたくさん情報を開放してもそれを理解・実践できる人は殆どいないからです。

 当然ですが喉の構造は人によってかなり違いますし、人によって目標への最短距離となる練習法は違います

 加えて、動画をちょっと見て練習する程度で自分の課題がクリアできる人はほとんどいません。

 さらに言えばそんな人は多分動画見なくても簡単にできるようになるでしょう。


ブラックボックスビジネス

 ボイトレは何が正解か、何が出来たら良いのか明確に定義するのが難しいです。

 「先生と生徒」という、ある意味先生がどんなに暴論でも「間違ってる」と判断できないような世界でもあります。

 それはそれは闇です。

 言ったもん勝ちみたいなこともできます。そういう意味で、ある意味情報的弱者を搾取するようなボイトレも多く存在するようです。


 「よそのボイトレ1年やったけど成果が出なかった」と言う人を何人も見てきました。

 どの人も正しい情報を自分で見つけることが出来ず、講師の説明ありきで練習を積んでいる状態でした。

 レッスン以外の時間(個人練習の時間)に一人で練習をするのですが、その練習が間違っている場合、誰も間違いを指摘できないわけです。

 本人が正解パターンの結果しか教えてもらってないので。

 そんな状態で1年続けても成長しないわけです。

 個人練習の時に、自分の手で後退させているので

努力すればするほど逆効果の可能性も十分あります。


 こういった手法や技術・情報を明確にしないビジネスをブラックボックスビジネスと呼んだりもするのですが、

個人的に「騙して技術を隠して売ってるのと一緒じゃね?」とまで思います。

 当然ですが、ちゃんとしたボイトレ教室や先生も多々存在します。


ただそうではないものも少なくはないのでしょう。


 有名なボイトレ教室でも、良くないものはたくさんあります。名前を出して言ったりはできないですが、本当に多いです。

 みたらわかるひどいやつやんて感じです。

 ボイトレに行く場合は慎重に選んでください。

 そしてできれば僕のところに


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキルではあるが仕事にはならない「絶対音感」を有効に使えるための仕事を作りたいと思っています。 いただいたお金は現在企画している仕事の活動に当てさせてください。

ありがとうございます。勉強が好きなので、お勧めがあれば教えてください。
4

音博士@youtubeと研究所

音楽の研究と勉強をしています。首都圏でボイストレーナー、中高生以上、社会人に向けた絶対音感トレーナーをしています。楽器は全然弾けないし歌も上手くないですが、理論だけはわかります。勉強と食べることが好きです。music.sense1205@gmail.com

僕の話

僕の話です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。