otopain_ページ_01

お母さんがパン屋になる方法

ライフスタイルを犠牲にしないパン屋のスタイルはどこにある?三人子育てしながら、山梨に移住した元DJの母ちゃんが作るパン屋「OTO.PAIN オオトパン」物語。

オオトパンのウェブサイトはこちら。http://oto-pain.com

<このnoteの内容>地域の金融機関の女性起業支援セミナーに参加した際のプレゼンテーションの内容を公開

・お母さんがパン屋になる方法というタイトルについて
・パン屋とお母さんの時間軸を両立するにはどうしたら良いのか考えた
・パン屋の前提を一度考えないことにする
・冷凍でのパン販売
・イベント販売の意味と「パンイチ!」の企画で学んだこと
・今後の販売予定
・パートナー募集

●地域の金融機関の起業セミナーがきっかけ

3月から6月まで合計4回、山梨中央銀行さんの主催する女性起業の支援セミナーにゼミ生として参加しました。そして最後にプレゼンをしたので、その内容をノートでも共有しておきます。



●なぜこのタイトルを選んだか

今回私が選んだタイトルは、「お母さんがパン屋になる方法」

飲食店をやめ、子育てをする主婦となり、在宅で仕事をしながら子育て(気づいたら三人)をし、その傍らパンを焼き続けて来た私。「イベント販売」という形で自分のパンを届ける方法を1つ作った訳ですが、これ単体では私の場合は事業として成立していませんでした。

そこで、今回「許可のある製造場所」を間借りという形でシェアさせていただけることになったのをきっかけに、「パン製造」を子育てと並行して、どう事業化していくか。ということを改めて考えてみました。

朝から晩まで12時間越えの労働時間が当たり前、というパン屋の仕事と母親業をどう両立させていくのか、一歩踏み出そうと思います。

まず、そもそもなぜこのタイトルになったのか、といえば、パン屋とお母さんを両立することが、「どう考えても無理じゃね?」という頭があったからです。

それは上のグラフを見てもらえればわかります。これは一例ですが、パン屋の仕込みは早朝から始まります。そして販売と仕込み作業などを並行させた上で、翌日の仕込みもして業務終了。労働時間が長い、というのが大前提。

一方、子育てをする母親の1日のスケジュールはどうかというと、朝起きて朝食や子供達の送りを終えて就業、その後帰って来たら夕食を作ったりお風呂に入れたりして就寝。私の場合はそのまま子供と寝てしまうことも。

●この2つの時間軸をどうやって両立すればいいのか

私にとって、まずこれが大きな課題だと考えました。我が家は主人は山梨から東京に通勤しているので、夜は東京に泊まっていたり、帰りが遅い。「私仕込みがあるから、朝の送りお願い〜」と気軽に頼める環境ではない。

どうすればいいだろう。

そのとき私が考えたのは、そもそもなぜ朝の3時から仕込みをしなければいけないのか。という疑問。

その答えは、

・パン屋さんは朝から昼にかけてお客さんが多いので、その時間にパンを用意しておかないといけないから。

・パンを作るのは時間がかかるから。(発酵する時間など)

パンを作るのに時間がかかるのはしょうがない。けれど、朝一番に用意しておかなきゃいけない理由は、そこにお客さんを迎える前提を自ら作っているからではないのか?と考えました。

●パン屋の前提を一度考えないことにする

他にもパン屋の前提は色々と存在します。

・週に5日、6日は営業していなくては営業として成り立たない。

・近くの方々が顧客となるため、立地条件、住んでいる客層などが重要。

・食パンは必ずなければいけない。(一番売れる)

などなど。

しかし、これらを全て実現することを前提としていると、私の考える母親業との両立は実現しないことは明らかです。

体を壊すか、子供と触れ合えない自分が辛くなるか。

なので、私はこのパン屋の前提をまず1から考え直すことにしました。

・朝から営業しない。

・週に5日も営業しない。

・近くの人に売らない。(遠くの人に売る)

これを実現する方法はないだろうか。

●冷凍でパンを販売する方法

そこで私が提案したいのが、「冷凍」で届けるパン便。焼きたてを冷凍し冷凍便で届けるサービスです。

メリットも、課題もありますが、「時間軸をずらす」「就業時間を小分けにする」この方法が将来的にも労働時間の削減に繋がるのでは、と考えています。

●これからの販売経路は3つ

そして、これから販売経路として考えているのが3つ。

①イベント販売(対面販売)

②卸販売(レストランやカフェ)農産物とのコラボ商品の開発なども含む

③通信販売

この3つを軸にパンを届ける仕組みを作っていきます。

●イベント販売をする意味とは?

イベント販売、というのは私の原点となる販売方法で、四年ほど「パンイチ!」というパン屋の集まるイベントを東京の吉祥寺で開催して来ました。今では毎回2000人ほど来場くださるイベントとなり、この場所があることで出会いが生まれ、時には仕事が生まれ、友情が生まれて今に至ります。

天気のリスクがあったり、準備も大変だったりというリスクもありますが、あくまで「プロモーション」として捉え、お客さんとの出会いの場として続けて行こうと思っています。

4年間続けて来た中で学んだこと。本当の意味で(その場限りでない)出会いの場所とすることがイベントの秘訣だと思っています。何か機会があれば、「イベントの作り方」とか伝えてみたいな〜。

●今後の販売予定

7/14にオープンする甲府のCAFE&WINE TROLLさんにて、定期販売をする予定です。(画像には7月とありますが、定期販売は9月からを予定しています。7,8月は不定期に販売予定)

山梨という土地柄、やはり日本ワインとのコラボは外せません。私自身の勉強も含めてワインとパンのペアリングもアピールしていきたいと思っています。

CAFE&WINE TROLL

山梨県甲府市中央1-5-6 デュオヒルズ甲府1階

FB:https://www.facebook.com/CAFEANDWINETROLL/

Instagram:@cafe_wine_troll

今回、この起業支援のセミナーに参加することで、今まで流れるようにやって来た自分自身の事業を改めて見直すことができて、さらにこれからどういうことをやっていくのかを人に伝える、という作業ができたことが何よりの収穫でした。

まだまだこれからの「オオトパン」ですが、一緒に面白いことに挑戦してくれる方、募集してます!どうぞよろしくお願いいたします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
10

オオトヨウコ

三人育児しながらフリーランスで働く母。週に1度だけパン屋「OTO.PAIN」をオープン。「子育てしながら親も子供も自由を捨てない生き方」をしたい。小学1年生の娘と二人でパーソナリティを務める「ゆめままラジオ」を配信中!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。