「さようなら」君が書いた置き手紙

君は戦っていた。

毎日、来る日も来る日も。

そして疲れ果てたんだね。

高校3年、卒業して新しい門出が期待されていた冬。

君は決断を下したんだ。

この殺伐とした世界に牙をむくように。

「さようなら」と君が書いた置き手紙は、まだ誰にも読まれてはいない。

君がそこにいた冬が、君がここまで生きた冬が、無かったかのように。

君は靴を脱ぎ捨てたんだ。

それもこの夏に新しく買い替えた、まだ新しい靴を。

君が新しく着替えた服は、君の体には少し大きく感じていて、それなのに何処か窮屈で息苦しかった。

君は一生懸命、新しい自分に生まれ変わろうと、新しいものに囲まれようとしていたんだ。

成長とした体と、心はどうしてもチグハグで、君を覆っていた新しい服も靴も、君には不釣り合いに感じていた。

君はそんな自分に「さようなら」と伝えた。

新しい旅立ちに、新しい靴も新しい服も必要じゃないと気がついたから、君は旅立つ前に、靴を脱ぎ捨てた。

温かい海の近くで。


「さようなら」

靴も服も脱ぎ捨てて。

そこには生身の自分が立っている。

これから始まる新しい時代を歩くには、新しい靴はいらない。


必要なのは温かい海と浮き輪だけだ。

ブルー・オーシャンに泳ぎに行こう。

君は裸のままで海に飛び込んで、少し浮かれるかもしれないけど、長い航海が君を沈めさせるかもしれない。

忘れないで、君には浮き輪がある。

沈まない心があれば、長い航海にも打ち勝てるでしょう。

それでも、冷たい海には近づかないように。


戦いに疲れたら、戦わなくていいという事を思い出して。

この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
私がノートで詩を書き続ける原動力になります♪ 購入頂けると更新情報が届きますので 見逃しませんよ♪

詩集♪

250円

パッと思い浮かんだ 詩の数々 古いものから格納します。

または、記事単体で購入する

「さようなら」君が書いた置き手紙

VRふぃろ👿マックスウェルの悪魔👿

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます♪ 苦情やメッセージなどありましたらご遠慮無く↓へ https://note.mu/otspace0715/message

誰がなんと言おうがあなたのスキが一番乗り♪
10

詩集♪

パッと思い浮かんだ 詩の数々 古いものから格納します。

コメント4件

思い出しますね、高三の時のこと意識というか自覚はなかったけど、面接を受けてから、受けてる最中に目覚めたのかな。今の状況から抜け出したいって。
私もこの頃から、変わりたいって思いました😄全部色んな事。
これは全然後悔はしてない、自分なりにいい決断だったと思ってます。この時みたいに、今出来るかといわれると、思い切りが足りないかも、あれこれ考えてしまう。自信がないのかな。
こうゆう時は勘違いも力になるのかなって思う時がある。やっぱり”馬鹿”でいる事も大事ですよね😃力をぬいて、元栓しめて。
若いというだけで力がありますよね。年取るとその若さゆえの強さを削がれてしまうのか、シガラミやら責任やら、重い荷物が多くなって、それを運ぶだけでも一苦労です(笑)
身一つで飛び込める♪そういう若さっていいなあ~。
さっきTVで、(ボンビーガール)
上京してくる女の子が部屋探ししてるのを見て、自分と被らせてしまって、ちょっと勇気をもらったような感じになりました。そういえば、段ボール2個位で上京してきたなぁって、思い出しました😄
布団だけ運んで一人暮らし始めた過去が懐かしい(^_^;)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。