見出し画像

【悲報】ダイエットコーラは痩せるどころか59%も肥満になりやすい、情弱向け飲料じゃない?という話。

 ダイエットコーラを始めとして、人工甘味料をつかったゼロカロリー商品はかなり前から普及しています。ゼロカロリーだからダイエット中でも飲んで大丈夫。太ることはない!!とタカを括っている人もかなり多いですね。


 でもそれって本当に正しいんでしょうか?

 実際に12987人の人に炭酸飲料を飲んでもらって体重がどの様に変化したのか?という研究から、ダイエットコーラは本当に痩せることが出来る飲み物なのか、検証していきます。



■ゼロカロリー炭酸飲料は太る??

画像1

①ダイエットコーラ VS 炭酸水 

  →ダイエットコーラの方が59%も肥満になりやすい

②普通のコーラ VS 炭酸水

 →コーラの方が18%も肥満になりやすい
③炭酸飲料を積極的に摂る人は、腹囲も20%大きくなる


つまり、ゼロカロリー炭酸飲料は普通のコーラよりも太りやすい可能性が高いのです。おなかもポッコリ。悲しいですね。

 ちなみに、炭酸飲料以外の食品では、低カロリーの人工甘味料を砂糖の代わりに摂るのはOK。普通の食事に人工甘味料が入っていても、大きく体重は変化しないというのが、現段階(2018年)の結論です。

あくまで、炭酸飲料に限って言うと、太るという話です。


ダイエットコーラの更なるデメリット。

画像2

 ①人工甘味料入りの炭酸飲料摂取により脂肪肝リスクを53%高める

 ②人工甘味料を多くとるヒトではうつ病の発生リスクが14%増える

この2つのように、肥満以外のデメリットもあることが明らかになりつつあるということです。リスクを承知でどうしても飲みたい人以外はオススメしません。



■そもそもゼロカロリーってナニ??

画像3

ダイエットコーラなどのゼロカロリー炭酸飲料は、砂糖の代わりにカロリーの少ない人工甘味料を使うことでゼロカロリーを達成しています。

 人工甘味料自体は長期的に摂取しても体重を大きく変化させないことが分かっているのですが、今回の研究では、自由に食事を摂ってもらった場合は炭酸飲料をのむ習慣がある人は太っているという傾向が見られました。

 人工甘味料のデメリットとして、腸内の善玉菌を減らし、悪玉菌を増やすことで、他の食べ物に由来する血糖値を下がりにくくする性質があると言われています。そのような作用により、糖尿病の発症率を上げることが示唆されています。

 最近は腸内環境がメンタルの安定性にかなり影響しているということも分かってきています。実際にうつ病リスクは14%あがります。

 腸の疾患のリスクも上がるのではないか・・・?と考えられ、研究結果がどんどん積み上げられています。おそらくそれらのリスクが確定する日も近いでしょう。

 やはり積極的にはオススメできません。


まとめ


・ゼロカロリー炭酸飲料は肥満になる確率を上げる。腹囲も大きくなる
・人工甘味料により糖尿病や脂肪肝、過敏性腸症候群、うつなどのメンタルの病気にかかる確率は上がるので、積極的に取ることは個人的には勧めない。
・どうしてもコーラ飲みたくなったら、ダイエットコーラの方が普通のコーラよりはマシだけど、常飲したらやっぱり太る



■ダイエットの目的を見失ってはいませんか?

画像4



 最近腸内環境ってとても注目されている分野で、肥満にもダイレクトに関わってるんじゃない?という研究も多いんですよね。ですから、その腸内環境を破壊するようなマネはしないほうがいいと思います。


 チラッと書きましたけど、腸内環境がメンタルにも影響するという研究もいくつもあります。

私達がダイエットしたいのは幸せになるため

メンタル病んだらどんなに痩せたって意味ないですよ。幸せが遠のきます。



食事制限や運動、記録術など使いながら、健康にダイエットして幸せになりましょう!!



オススメ記事


画像6



引用
1.PJ Rojars,Does low-energy sweetener consumption affect energy intake and body weight? A systematic review, including meta-analyses, of the evidence from human and animal studies,2016

2.D. Ruanpeng, Sugar and artificially sweetened beverages linked to obesity: a systematic review and meta-analysis,  2017

3.Liauchonak, et.al, Non-Nutritive Sweeteners and Their Implications on the Development of Metabolic Syndrome. 2019
4.Wijarnpreecha, K., et al. "Associations of sugar-and artificially sweetened soda with nonalcoholic fatty liver disease: A systematic review and meta-analysis." QJM: An International Journal of Medicine 109.7 (2015): 461-466.
5.Toews, Ingrid, et al. "Association between intake of non-sugar sweeteners and health outcomes: systematic review and meta-analyses of randomised and non-randomised controlled trials and observational studies." bmj 364 (2019): k4718.


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてあげると イヨッシャアアアアアアアアアアァァァ!!!という叫び声が聞こえるかもしれません。 お金は執筆中に飲んでいるコーヒー代に消えます。

🤯🤯🤯 ←次は何が出るかな?
3

はがくん@一歩踏み出す薬剤師

日本人は『信じるもの』が無い人が多い。 でも、宗教や権力者に従うだけの人生は面白くない。 科学は客観性を大切にする、みんなのモノです。 古典的な概念に縛られずアップデートもできます。 僕はそれを『信じて』生きていきます。 成果の出ない毎日から、一歩進み出しませんか?

根拠がしっかりしているダイエットまとめ

私のダイエット記事まとめです。 根拠がある話だけを書いているので、余計な情報は入ってません。 ダイエットもどきをしたい人は見ないでください。 本当に効果を出したい人の為の記事です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。