紙媒体のデザイナーがいろいろあってITベンチャーに挑戦したおはなし

はじめまして。
delyのデザイナーのはしもんと申します。はじめてのnoteです。
よろしくお願いします。

私はもともと紙媒体のデザイナーをしていたのですが、(いろいろありまして)クラシルを運営しているdelyで、グラフィックデザイナーとして働いています。
ふと「どうしていま自分はここに行き着いたんだろう」と思い、需要があるかわかりませんが、振り返りのためにもまとめてみたいと思います。

delyに入社したのは去年、2017年の10月です。(業界的に言うと、ジョインですね)働いてもう10ヶ月…とにかくあっという間でした。
入社を決めたのはちょうど1年前くらいだったでしょうか。新しい環境にワクワクしながら、と同時に自分がこの業界でやっていけるのかそわそわ怖がっていた時期だと思います。
delyはもともと友人が働いていて、リファラルで入社しました。

hashimonの簡単な経歴
・東京造形大学グラフィック専攻を卒業
・某緑茶飲料のパッケージデザイン等を手がけるデザイン事務所に勤務(アルバイト含めると1年くらい)
・某ビールメーカーのお仕事をメインでする広告代理店(2年ほど)
・入稿データなどのチェック業務がメインの派遣社員(9ヶ月ほど)→dely(いま10ヶ月くらい)
簡単に言うと、delyに入社するまでずっと紙媒体をやっていたわけなのです。CMYKの世界!文字詰めをアートディレクターに詰められ、色校を確認し、トンボを裁断する毎日を送っていました。

そんな私がどうしてdelyを選んだのか。
の前に、少し長いですが、delyに入社する前のお話をしたいと思います。

デザイン事務所時代
新卒で入社したデザイン事務所は、社長のアートディレクターと2人という超少人数事務所でした。パッケージデザインをメインでやっていましたが、他にも広告からロゴデザイン、商品ネーミングなど様々なことに新卒ながら携わらさせてもらいました。デザインの基礎はこの事務所で叩き込まれたと言えます。
退職してしまったのはいろいろな理由がありますが、「いわゆるブラックな環境(勤務時間・パワハラ等)」+「求められているデザインのクオリティとそこにどうしても届かない自分の実力不足のギャップ」の2つに苦しみ、精神的に不調になってしまい、Macの前に座るだけで涙が出る、人と目を合わせられない…というなかなかヤバイ状況になってしまったからです。
この時点で大好きだったデザインというものが怖くなってしまい、次もデザイナーをやるか悩みましたが、1ヶ月休むと回復してきてデザインをあきらめられず、広告代理店に入社しました。

広告代理店時代
ここでは主にセールスプロモーションの分野のデザインをしていました。(主にスーパーのPOPなど、お客様に近いデザイン)
お客様と前職ではあまり会うことも少なかったのですが、この会社では提案に行くことが多く、社会人としての基礎を学ばさせてもらったなと思っています。1人で提案するということもできるようになりました。
退職してしまったのは、徐々に残業時間が増え(残業月90時間程度でしたが)、やはりデザイナーとして自分の理想とのギャップに毎日思い悩み、ストレスで片耳が不調になり聞き取りづらくなるなどの不調が出始め、そんな自分を精神的に追い込んだりしてしまったからです。とにかく自信がありませんでした。
2社経験して、デザイナーとして自分が不完全で向いていないのだな…と感じましたし、紙媒体という長時間勤務当たり前体力勝負という環境は自分にはとても続けるには難しいと判断して、デザイナーという職を捨て、まずは精神的な不調を直すために派遣社員として働くことを選びました

派遣社員時代
派遣先は、印刷物を扱う会社で、私は入稿データのチェック、簡単なチラシやステッカー、ノベルティのデザインなどをしていました。
派遣先の方々はとてもいい人たちで、私を評価してくれましたし、のびのびと仕事をすることができました。お給料は減ってしまいましたが、残業時間0、責任ほぼなしという精神的にも体力的にも優しく、どんどん体調がよくなり、比較的簡単な仕事でしたが認められたことで自信もでてきていました。
しかし、そこで欲がでてきました。
「もっと仕事がしたい・・・・・」←回復の兆し
大学を出て、夢だったグラフィックデザイナーになれたのに辞めてしまって、自分はなにをしてるんだろうと思い始めていました。毎日仕事が暇で暇で仕方ない。でも体力的に紙媒体の会社でもう働くことはできない・・・でもなにかデザインの仕事がしたい・・・
そんなとき、当時delyで勤めていた4年来の友人が「dely興味ない?」と誘ってきたのです。

delyへの入社を決める
やっとdelyのお話です。
もともとクラシルのことは知っていましたし、いろいろ調べてみると急成長している、ということはなんとなくわかりました。
ちょうど、グラフィックデザインができる人が欲しいというタイミングだったようで、私に声がかかったようでした。でも、web関連ではバナーくらいしか作ったことがない私。HTMLさえわからない、コード?実装?UIUX?????かなり不安でした。
でもdelyにはそんな不安をふっとばすような魅力がありました。

dely入社の決め手
同世代が多い
 30代以上の方としか働いたことのなかったので、和気藹々と全員が同じ立場で働けることに魅力を感じました
さすがに残業90時間はない
ポートフォリオを感心して見てくれた
 自分のデザインに自信がなかったので、ポートフォリオを出すときもそわそわとしていたのですが、「こんな自分でもいいんだ」と認めてもらえたことに感動しました
ITのことがわからなくてもいいよと言ってくれた
 さすがに勉強しようとは思っていましたが、この一言で安心しました
社長の「社員みんなイイヤツだから!」の一言
 社員の仲が良いのがとても魅力的でしたし、自分の人柄も肯定してもらったように感じました
-------------------
しいたけ占いhttps://voguegirl.jp/horoscope/shitake2017-h2/contents/07libra/
 占いかよ、と思われるかもしれませんが、この文章がまさに私に響いて、「失うものも今はないし、流されてみよう」と決意することができました。笑

delyに入社してから
実際に内定をいただいてから入社まで、派遣の契約があったので2ヶ月ほどあきましたが快く待っていただけて、2017年10月に入社しました。
いろいろなプロジェクトが起きては消え、入社してから10ヶ月、様々なことが起き、スピード感についていけずに入社当初は正直辛いこともありましたが、今はかなり楽しく働いています。

delyで働いていて楽しいポイント
・社員がみんな本当に仲良し
・尊敬しあう、褒める文化
・デザインに興味を持ってもらえる
・「やりたくない」という、否定的な人がいない
・クラシルのレシピの試食できる
←大事

いまだにHTMLも書けませんし、できないこと、わからないことはいくつもありますが、できないことよりもできることに目を向けてくれる人が多く、自信を持って働くことができる環境だと感じています。
入社してからは、LPを作ったり、少しだけUIを作ったり、初めてのこともいろいろとやりました。
わからなくても、ITベンチャー怖くない。優しいです。
自分のこと、デザインのことをきちんと認めてくれる環境で、私はまたグラフィックデザイナーとしてのびのびと働いています。(字詰めが下手になってきていることを日々感じていますが)
webやアプリも興味あるけれど、なんとなく一歩踏み出せていない方も、怖がらないで一歩踏み出してみて欲しいと思います。受け入れてくれる環境があると思います。できることが広がるって、楽しい。
私はかなりの怖がりですが、今後はもっと自分の持てる力を広げて、クラシルの、delyの、社会の力になれることをマイペースにやっていくつもりです。

つらつらと長く書いてしまいましたが、ここまで、拙い文章を読んでいただきありがとうございました。
ちなみにdelyでは様々な仲間を募集してますので、ぜひランチでも一緒にできたらと思います。(ちなみにwantedlyの画像も作っています!)

Twitter:@oyasumi_yayaya
制作物など載せたり、いろいろ呟いております



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

100

hashimon

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
2つのマガジンに含まれています

コメント2件

コピーライターの川中と申します。すごくリアルで、正直に書かれているのが分かりました。本当に、この「働き方改革」の世に、広告制作分野はどうしたらいいのでしょうか。いまはスタッフがいませんが、数名いた頃だったら、経営的にはかなり厳しかったはずです。そもそも一般企業と「残業」の意味が異なるはずなのですが。
川中さん
はじめまして、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、すごく正直に書きました。。笑
そうですね、それを考えられなかったのでIT企業に転職したというのが近いので、広告制作はどうなっていくんでしょうかね…
私自身は広告制作の働き方は合わなかったのですが天職という人もいるので、合う合わないが事前にもっとわかったり、合わないならすぐに辞められる環境になれればいいのかなと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。