キラキラコスト削減計画

Twitterでこんなツイートが流れてきた

私はマドジャスさん好きだし、本発売か〜買おうかいな〜と思っているので否定的な意味でこれを書いている訳ではないのだけど


意味不明


と素直に思った。

私は顔出ししていない身分なのでなんとでも言えちゃうんだけど

「いっつも高そうな服着てるよね〜」とか

「実家お金持ちなの?」とか

「毎回違う服着てない?」と言われることが多い。

実際私を見てそう思わなかったら私のせいじゃない、言ってきた奴らのせいだ。

一番酷かったのは、前の職場で

「実は切り干し大根さん、港区女子でパパに貢いでもらってるらしいよ」

という噂が立っていたことだ。

いいや、私も皆様と同じく手取り15万円前後のご身分だし30万円のパソコンを買うのにヒヨってローンを組むくらいの金銭感覚だ。

水商売を辞めてから3年、あっという間に普通以下の金銭感覚になっている。

「金欲しいな〜」

とただただ思っていても元も子もない。

そもそもの持論として

「金がなさそうなみすぼらしい格好をしている女に金が入ってくるわけがない」

と思っているので、身なりだけはきちんとしていようと思っている。

そんな私の、ちょっとした生活の知恵をお届けしたいと思う。


■基本は通販→失敗しない買い方

私は正直洋服を選ぶのがめちゃくちゃ苦手だし服なんて燃やしてしまって全裸で生活したいと思っている。某Jの兄弟の「布じゃん!」という発言に丸っと同意見だ。

なので、なるべく安くすませたいし、時間をかけたくない。

だからこそ選択肢として「通販」が私の中でめちゃくちゃ効率がいい。

そもそもそんなにスタイル良くないし、私が何着てたってマネキンみたいにはならないのだという開き直りがある。

が「一番いい状態の自分」を作れるのもまた洋服の力だと思っているのだ。


そこでまず、自分が何が似合うのか、というのを見極める必要がある。

本当はプロに見てもらうといいのだけど、パーソナルカラー診断や骨格診断はそこそこお金がかかる。

そこでオススメの本があるのでこれを読んでみて欲しい。

骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合う服に出会える魔法のルール

※リンク先はKindle版です


自己診断はなかなか難しいけれど、何度か繰り返し読んでみたり、自分が着たい服がたくさん載っている雑誌の着まわし特集なんかで

「同じモデルさんでもそのモデルさんが一番綺麗に見えている」

服を見極めて、手持ちの本と照らし合わせてみたりして、見る目を養う。

私が好きな言葉で「センスは育てるもの」というのがある。

そしてセンスというのは才能のように見えて、何よりも客観的な目線を磨くことだと思うのだ。


次に、通販で服を買うリスクを最大に減らすために

・全身のサイズを測る

・一番身体にフィットする服のサイズを測る

そして、それをどこかに書き留めておいて今後服を買うときにチラ見すれば、大幅にサイズが合わないということはないだろう。

ちなみに私は今まさに、ちょっと太ったことを忘れていて結構ピチピチのパンツを買ってしまった

死にたい。


通販で買うという選択を取るのはシンプルに「安く、時短になる」からだ。

なんども言うが洋服に対しての私の基本スタンスは「布じゃん」である。

布選びに何時間もかけるのはコスプレ服を縫うときだけだ(友人コスプレイヤーのために)。


■高見えして欲しい部分は「あえて安いものを買う」

まず、私が結構使っている通販サイトをご紹介する。

SHOPLIST

→トレンドのプチプラアイテム多し。Forever21やPJなどの有名プチプラブランドも取り揃えてる。


MUSE&Co.

→有名ブランドのアウトレットが多い。日用品や、化粧品もお安くなるタイミングがあるので毎日チェックしていて楽しい。


OUTLET RUNWAY channel

→RUNWAY channelという通販サイトのアウトレット版。私の服はだいたいここで揃えている。


主に、この三つのサイトみてれば私の服があるんじゃないかな〜って思うくらいにはここでしか服を買っていない。

ここで、安物買いの銭失いにならないために私が心がけていることを書いておこう。


①アウターは定価が高いものを選ぶべし

SHOPLISTは確かに安いが、そもそもの定価が安いので、物によっては「薄!ペラペラ!縫い目やばい!」みたいなものもある。

その他、GUとかH&MとかForever21とかZARAとかも同じである。

ここで頼りたいのがアウトレット系のサイトだ。

定価が1万円以上のアウターが2千円くらいで売っていたりするので、ジャケットやコートは大体アウトレットで購入している。

ここで注意なのは、流行を意識しすぎたものはこの場合の選択肢からは除外される。

洋服なんて布なのだ、社会の意見に惑わされて毎シーズン買い換える必要なんて全然ない。

かっちり綺麗めのジャケットや、毎年使えそうなコートなんかを買おう。


②自分の身体で著しく特徴がある部分に関しては、金をかけよう

具体的にいうと「胸が大きい」とか「尻がでかい」とか「脚が太い」とかである。

これらはコンプレックスだろうが強みだろうがあなたの大切な財産だ

だからこそ、この部位に値するものに関しては一切通販をお勧めしない。

実店舗のメリットは、そのブランドのプロである店員さんに話を聞いてもらえることだ。

スキニーデニムは、案外太ももがしっかりした人が着ていると色っぽかったりするのをご存知だろうか?

けれど、そのストレッチ感とか、綺麗に見える股上とかは実際店舗に行って着てみた方が絶対にいい。

胸が大きい人のTシャツ選びってかなり難しい。試着して、自分の胸が綺麗に見える形を選ぶのが何よりも喜べることなのだ。

むしろ、この部分に投資するために他のアイテムを捨てる、という考え方でいいと思う。

ちなみに私は足の形が特徴的で、甲が薄く幅が細いので、試着必須。靴だけはなんとなくいいものを買っている。


③ベーシックアイテムこそ底力

ベーシックなシンプルなTシャツやブラウスこそ、定価がそこそこのものをアウトレット系で揃えている。

最近買ったものとして後述するが、オフィスカジュアルを身につけなくてはいけない気しかしていないので、もうとにかく白いシンプルなシャツを買いまくった。

引越しの際に春夏服を捨ててしまったので、枚数が圧倒的に足りず、今後定価1000円とかで買えるシャツももちろん揃えるのだけれどやはりそっちはワンシーズン着つぶしかな、と思う。

今からカウントするなら4~6月で寿命がきてしまう。

でも、今そこそこ定価のするブラウスやTシャツを買い揃えておけば、カーディガン羽織ったり、着まわしのアイデア次第では9月頭まで着回せるのだ!

素材感でヘタってしまって捨てるというのでは元も子もないので、仕事着として着るようなデイリー使いのアイテムはやっぱりしっかりした素材のものを買っておきたい。


■そんなこんなで買ったもの

上記事柄を意識して、まさに今さっき届いたものを開封したので紹介して行こう。

先ほども書いたが「仕事着」なのでびっくりするくらいシンプルだし色味がない。

で、こんだけ買っておいくらなの?というと

わーお!1万円!である。

2枚のジャケット


4枚のシャツ・ニット


2枚のパンツ

を買ってこのお値段なのでまあまあじゃないだろうか。

ちなみに書き忘れていたが、今回の買い物は「OUTLET RUNWAY channel」で買ったものである。


さっきの【自分ルール】通り

・ネイビーのジャケット:¥12,960→¥3,141

・ベージュのジャケット:¥12,096→¥900

・ブラックのシャツ:¥5,292(セール価格)→¥1,620

・ホワイトのシャツ①:¥3,132(セール価格)→¥810

・ホワイトのシャツ②:¥6,372→¥900

と、ここまで価格を抑えている。

単純に値札に書かれていた金額で計算すると¥32,481の差額がある。


ちなみに完全に着たいから買ったおおよそオフィス向けではないパンツは

・ワイドデニム:¥11,664→¥900

・マキシワイドパンツ:¥9,612→¥900

と、まあこちらもお得に買えたな感がある。

こんな感じでお金をかけずともなんとなくぼろっちい生活をしなくてもいい手立てはあるのだ。

ちなみに私はマジで洋服に興味がないのでこれを手持ちの服と着まわして向こう2ヶ月くらいは普段着としての服は買わないつもりだ。


■お金をかけるところを考える

私は服とか化粧品とかにバカみたいにお金を使わない代わりに、インナービューティー系の投資には余念がない。

小顔矯正や脱毛、もっと根本なところで行くと「食事」とか「身体作り」の面だ。

昔は今の月収の3倍はあったので、旅行行くにしても手ぶらで行って、現地で値札も見ずに服を買って、買った服を捨てて帰ってくるみたいな今思うと「エコじゃない」事もしていた。

その時の生活に戻りたいかと言われればまぁ戻りたいかな(服は捨てないと思うけど)と考えるが

「お金をかけなければ綺麗になれない」とか「女は綺麗でいることを強いられるから大変」

みたいな考え方をしてがんじがらめになってしまっては勿体無いな、と思うのだ。

収入の自由は、心の自由だ。

心の自由は、選択の自由に繋がる。

今現在ニートの私に言われても何も説得力はないと思うが、好きなだけ稼いで好きなだけ使う、みたいなところに幸せがあってもいいけど、自分で選んで楽しめるところを、とりあえず楽しめればいいんじゃないかと思うのだ。

一度きりの人生、偽りのキラキラよりも心の栄養を蓄えて生きて行きたいものだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

60

おすすめ商品

気に入ってるものだよ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。