パメル

学生。お酒が飲めnull年齢。 休日にやっていることはピアノとゴルフと音楽制作と散歩。いろいろなことによーくよーく考えを深めたい。 プログラミングを勉強しています。

お盆の帰省で

毎年恒例のことだが、母の実家に帰省をしている。やはり親の実家の方が自分の家よりも安心できるし好きだし、私の実家にもしたいと思う。

帰省して私が一番感心することは、物流である。この実家付近は田舎なのにも関わらず、スーパーに行けばお弁当があるし、レストランに入ればいつも美味しい料理があるし、コンビニでは都会にある店舗と何ら変わりのない品揃えを見られる。おかげで、私は毎日3回欠かさずしっかりと食事を取

もっとみる

HTMLとCSSが面白い

最近Webページを作る勉強を始めた。htmlとcssを用いてインタラクティブのあるページを作るにはどうすればよいか、工夫のしがいがあってとても楽しい。

JavaでUIを作るにはSwingというAPIを用いて地道にコーディングをしていかなければならないが、htmlとcssは少ないコーディング量で思った通りのデザインができるのでとても良い。

私の実家が自営業を運営しているので、そこの公式ホームペー

もっとみる

【C++】演算子のオーバーロードを使って美しいコーディングを

2次元のベクトルを管理するクラスを作ってみる。ベクトルというと高校数学で習ったあれだが、ここでは、その数学のベクトルの機能になるべく忠実になるように設計してみる。
設計を進めていくうちに演算子のオーバーロードがとても有り難く美しい文法であることが分かるようになるだろう。

ここではヘッダーファイルに記述するものしか載せない。実装内容は以下のリンクにある。

とりあえずクラス宣言を行う。次元数は2な

もっとみる

画面内にダイアログ表示もできるDxLib層状構造の提案(ソースコード)【C++】

以前投稿したnoteの続き。
C++/DxLib環境での一時的なポップアップの実装方法を提案する。一時的なポップアップとは、例えば例えばノベルゲーであればセリフを選ぶ画面、戦闘中であればポーズ画面、などなど。

シーンは変わらないがプログラムの流れが大きく変わる状態となる。私は、画面を層状に管理する仕組みを作ればこのようなプログラムも実装できるのではないかと考えた。

名称はCakeeフレームワー

もっとみる

テーブル茶道に行ってきた

私の住む地域には近くの大学やボランティアが共同で運営しているカフェがある。カフェという名前なのだが常時様々な教室や講演が開かれており、地域コミュニティの中心拠点となっている。

そのカフェで先日テーブル茶道教室が行われたので、参加してみた。

このカフェには用事で前も来たことがあったのだが、主な利用者層は高齢者で、30代以下は全くいない。そのような所に入ったのだから私はたいそう目立った。今回もテー

もっとみる

4次元はこうやって表現されている

4次元キューブなどを見たことがあるだろうか。よくgif画などにされていて、複雑な構造をした立体物がムニムニ動いているアレ。Wikipediaなどで見ることができる。

あれは4次元を表した図というか動画なのだが、なぜあれで4次元が表現されていると言えるのか。ただの変な生物の動画じゃないのか。そこら辺を、身近な例を踏まえて説明を試みる。

実は、私達は日常の中でその4次元の表し方と似たことをしている

もっとみる