見出し画像

落ち込む?しんどい?寝付けない??それって五月病かも?? 五月病に”効く”対策のお話

今年のGWはとても長いですが、そんだけ休んでしまったら休み明けの仕事や学校が、、、、そうです、五月病です。

五月病の初期の状態は、気分の落ち込み、寝付けない、不安感などなど。憂鬱感や倦怠感がつきまとい、悪化すると学校や仕事に行けなくなったりするかたもいらっしゃいます。

新しい環境、新しい仕事、新しい職場、新しい住まい。新しいことは、気持ちが晴れやかになる反面、その環境に適応しなくてはならず、身体や心、そしていままでの習慣からの変化を求められますね。変化に合わせるということはそれが悪いことであれ、良いことであれストレスになります。4月は変化に対応しようと、とにかくがむしゃらにやってこれた方も多いと思いますが、GWで長期の休みになると、緊張の糸が切れちゃうんでしょうね。一気に疲弊して、動けなくなる。気分が落ちたままなんとなく過ごして、仕事や学校が始まってしまうということがよくあります。

そして、だるい、眠れない、食べられないなどの症状に見舞われ、まともに活動できなくなってしまう。これが五月病です。今年はGWが特に長いので、よりしんどくなる方が多そうです。また5月はどうにかやり過ごしても6月や7月の梅雨時期になって悪化する人もいるので注意が必要です。

そもそも五月病というのは医学的な病名ありません。症状から照らし合わせると、適応障害や睡眠障害、うつ病などに該当します。

悪化を防ぐには、とにかく早めの対策が重要

中医学的では、そういったストレス過多で、食欲がなく、情緒が不安定になるような状態を、「気滞(きたい)」状態といいます。全身をくまなく巡る気の流れが停滞した状態です。気は、動くためのエネルギーであり、精神安定の要であり、防衛力であり、胃腸や排尿などのために内蔵を動かすエネルギーです。気が隅々まで巡っているからこそ、体内の活動は維持され、気分も安定しますが、滞ってしまうと、気/エネルギーが足りず機能が低下し様々な不調が出ます。

またそもそも十分に流れるだけの気/エネルギーが足りないときも、鬱々としてやる気がなくなります。なのでやる気の低下などが見られるときは、まず気を補うことも大切です。

対策をみていきましょう。

この続きをみるには

この続き:2,867文字/画像1枚

落ち込む?しんどい?寝付けない??それって五月病かも?? 五月病に”効く”対策のお話

櫻井大典

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂いたお金で、新しい本を買ったり、講習会に参加し、知識を広げて皆様に必ずや還元します!!

ありがとうございます!
35

櫻井大典

ゆるゆる漢方家。著書「まいにち漢方」(ナツメ社)「つぶやき養生」(幻冬舎)監修「ゆるゆる健康法(KADOKAWA)他。誰でも始められる簡単養生法をお伝えします。Twitterアカウント https://twitter.com/PandaKanpo で毎日ゆるゆる健康情報発信中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。