見出し画像

憧れが僕の中で桜のように咲き誇る。この憧れを僕は散らさない。

初海外(タイ)はバックパッカーとして、一人で日本から飛び立った。
現地で、とても素敵な女性と出会った。


ただ今、ドンムアン空港のGATE15の前にいる。
もう少しで飛行機に乗って日本に帰るのだ。
タイに来てから色々なことを経験した。

その中で、これからの自分を変える出会いがあった。

一人旅大好き、左利き、バイセクシャル、大学中退。
これだけでは良く伝わらないが、いろいろなことを経験し、魅力満開の女性だ。

6日間の付き合いだったが、彼女には引き寄せられる何かがあった。

それは、憧れだと思う。
彼女のことが大好きだ。

弟のように可愛がってもらい。
仲間のように語り合い。
同僚のように乾杯した。

別れの前日、お互いの今までの人生を語り合った。
そこで、彼女は自分がバイセクシャルだと言った。
特に、何も思わなかった。

その時
自分の中にいたものは憧れだった。

彼女とはまたいつか会う。
それは間違いない。

これからの活力は、
「彼女と肩を並べ歩きたい。」
その思いを叶えることだ。

けど、叶えるのはおじさんになってからでいい。
ずっと彼女の後ろで憧れていたい。

今、前を歩いている彼女の背中は触れやしないし、見えもしない。
彼女が立ち止まったのなら、その間に一気に距離を縮める気でいる。
彼女の背中に触れることができる距離にたどり着いたら、背中を押してあげたい。

ただただ光輝く彼女の背中に、憧れていたい。


さっき彼女のブログを拝見した。

彼女の写真、文書、言葉、全て好きだった。

この気持ちが薄れる前に、文書に残しておきたかった。

#日記 #学生 #note #価値観の本棚 #バックパッカー #一人旅 #冒険記 #旅 #タビイク #タビイクなう #さく旅 #とは

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

私の野望は、大学生の間に自転車で47都道府県を回ることだ。

6

くろ

19歳 自称冒険家 スポーツ大学2回生 〜やりたいことはやる〜 駆け出しバックパッカー noteは読みやすさを大事にしてます 🏃‍♂️タビイク👣

価値観の本棚

日々変わる価値観を、大切に保管する。 いつか変わる価値観も、ずっと財産になる。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。