私を変えるきっかけになった一つの動画

①私の高校時代

私の卒業した高校はいわゆる【自称進学校】で、日曜以外は基本的に授業が8時から19時まであり、そのあと21時まで自習の時間がありました。

ですが私は、模試で偏差値50にも全く届かず、平均で偏差値40、酷いときには35の時もありました。

そんな私だったから同級生には「こんなこともわからないのか」「うわー、あいつがきた」等と言われ、避けられていました。さらに教師にも「はぁ?!ふざけんなよ‼こんな質問もわかんねぇのかよ」等のような怒号を浴びせられていました。

しかし私なりに精一杯真面目に授業は受けていました。

私より頑張っていないように見える人達にどうして負けるんだ。なんで授業を聞いていない人の方が私より点数がいいんだ。毎日休まないで部活、遊び全てを犠牲にして朝から晩まで勉強しているのに、、、


そのような毎日が続き、やがて「あぁ、そうか私はいくらやっても報われないし才能がないんだ」と思い、自分に自信が持てなくなりました。

そして私の中には、悔しさ、将来に対しての不安、頑張ろうと思う気持ち全てが消え、残ったのは自己嫌悪と周りに対する嫉妬のみでした。

それに加え、当時私の父は難病を患っており、闘病生活が続いておりましたが、遂にこの世を去った時でもありました。


どうして私は失ってばかりなんだろう、なんでこんなにうまくいかないんだろう。


今まで楽しいと思っていたアニメやゲームは無味乾燥、何にも興味がなくなっていました。楽しむという感情を身体は覚えておらず、しかし他人から傷つけられないように笑顔というお面を着けて、毎日を過ごしていました。

気が付くと、どうしたら死ねるかを毎日考えていました。


②そんな時、ある受験系ユーチューバーSさんを知りました。

私はある日、何をするわけでもなくYouTubeを開いていました。

どの動画もテンションが高い。五月蠅い、、、もう止めよう。と動画を閉じようとしたとき、覆面の男が目に入りました。


それがSさんでした。その方は、自分が勉強ができなかったのにも拘わらず、京都大学に合格したという方でした。

試しに観てみると、私の知らない勉強法ばかりを動画で紹介していました。

その動画を通して、「夢を持ってもいいんだ」といってくれたような気がしました。それから私はSさんの動画を毎日観ていました。


③Sさんの動画の中で浅見さんに出会いました。

ある日Sさんの動画で【逆転合格した東工大生とコラボ】というタイトルを見つけました。

それが初めて浅見さんを知った日でした。



最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました。今日は私の高校時代から浅見さんを知るまでの経緯を書きました。

明日は浅見さんと出会ってからパラリアに入会するまでを書きたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

【毎日更新!】現役パラリア生が書く一日回想記

パラリア二年目のとある受験生が、パラリアでの一日と学習の振り返りを兼ねて、学習状況をリアルタイムで記録していきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。