「勝負の日」模試パート1

今回の内容は2019/5/12振り返りになっています。何故振り返りをするのか等は過去のブログ(下記記事)に書いてありますので、そちらを参照していただけると幸いです。また、今回の記事は昨日の記事の続きになっておりますので、そちらも参照していただけると幸いです。

模試当日

今年初めての外部模試。そして、意地でも結果を出したい模試の当日。今までで一番期待をしていて、それと同じくらい不安もある中で、私は家を出ました。模試の会場まで私は「今まで模試で結果を出せていなかったから、今回も同じになってしまうのだろうか。いや、今回こそは何か変わるのだろうか。少なくとも今回は自信がある。それは今までの努力が身についている感じがあるからだ。」そのようなことをずっと考えていました。

ものすごく怖い。その時を形容するならこれ以上の言葉がないほど追い込まれていました。少しでも気を抜けば、胃から熱いものが出てきそうなほどに緊張していました。

そして、試験会場に着きました。「すっかり見慣れた景色になってしまった。」そんなことを思いながら試験会場に入りました。試験開始まで約1時間、私はこのまま何かに集中しなければ耐えられないと思ったので、単語帳をこれでもかというほど、目に焼き付けるほど見入りました。

他の受験生の声が煩わしい。そんなことにすら、いちゃもんを付けたくなるほど、心に余裕がありませんでした。しかし、結局どんなことを思おうが、試験の時間からは避けられない。そして、信じられるのは、今まで勉強してきた自分なのだからと割り切ることが出来ました。


そして試験が始まりました。初めは数学でした。試験監が入室しました。私はその姿に、昨年受験した、東京理科大学の試験監督の姿が重なりました。またあの穏やかな表情から一転し、口から冷酷な「始め」の合図が出るあの瞬間が来るのかと思うと、逃げ出したいくらいでした。

そして試験開始の「始め」という声の後、数学を解き始めました。数学は、いままでベクトルに苦手意識があったので、そこが不安でした。しかし、全く解けないということもなく、壊滅的なものはありませんでした。私は大問1はいける!と思っていましたが、またやらかしてしまいました。そう、ケアレスミスです。これで8点落としました。しかし、それ以外に初めの問題で気になったところはなく、及第点という感じでした。

問題を解いていき、宿敵、ベクトルが来ました。(1)は問題なく解けました。しかし(2)で今まで聞かれたことのない問題が出ました。私は考え込みました。どうしても解が出ませんでした。なので、諦め半分で(3)に行きました。すると、やった問題が出てきており、それが(2)なしで解けました。私はその問題を5分とかからず解けることが出来ました。そうして、数学は良くも悪くもない状態で終わりました。

しかし、その中で、しっかり自分の課題点が見つかりました。


最後に

今回は英語について点数が良かったので、その時の気持ちも含めると、この記事に書くのは無理があると思ったので、明日続きを書きます。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

【毎日更新!】現役パラリア生が書く一日回想記

パラリア二年目のとある受験生が、パラリアでの一日と学習の振り返りを兼ねて、学習状況をリアルタイムで記録していきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。