「積み重ねを客観的にみる」模試前日の不安の中で……

今回の内容は2019/5/11振り返りになっています。何故振り返りをするのか等は過去のブログ(下記記事)に書いてありますので、そちらを参照していただけると幸いです。また、今回の記事は昨日の記事の続きになっておりますので、そちらも参照していただけると幸いです。

一日の振り返り

今日は模試の前日でした。昨日のブログにも書いたように不安もありつつ、期待もあります。だからこそ結果を出さなくてはならないと思うし、取らねばなりません。悔いのない一日を過ごすと決め、家を出ました。

パラリアに来てから、この一ヶ月でやったものの復習と、少しだけ終わっていない範囲とを勉強しようと決めました。「この一ヶ月の間に学んだことを忘れていたらどうしよう。もし、模試の前日なのにやったことが身についていなかったらどうしよう。もし、終わっていない範囲ばかり出たらどうしよう」など、心配事がいくらでも出てきました。

そのように考えていると私は今年の受験のことを思い出しました。「もし……もし……」などと、不安ばかり数えていても仕方ないということは学んだはずなのに、また同じことを考えている自分がいる。そして、このまま勉強が出来なくなる自分が来てしまう。なので、こう考えてはいけない、と、意識を逸らせるよう必死に机に向かいました。

しかし、その不安は一度考えてしまうと中々頭から離れないものだと私は知っていました。だから、やはり模試の一日前だからこそ、自分に自信をつけなくてはいけません。

そこで私は今年の受験前、自分に自信が持てなかったときに浅見さんから教えてもらった方法を思い出しました。それは、過去の自分を見るということです。過去の自分を見るとはどういうことか。記録を見返し、今までの自分はどのように考え、何を学んだのかを振り返ることで、自分に自信を持たせるという方法です。

そこで、24時間ガントチャート(一日をどのように使うのかを計画したパラリアのオリジナルシート)と24時間日記(24時間どのように使ったのかを記録するパラリアオリジナルシート)それとガントチャート(一ヶ月どのように使うのかを講師と共に立てる予定表)そして、このブログを見ました。


そこには、今までの自分が何を考えていたのかを見ることが出来、そして何よりも、このブログを始めた頃から、日々の内省が次の日に生きており、それらを生かしてその次の日はさらに考えて……というように、まさしく積み重ねがされていました。それらを見終わったころには、不安も解けており、その後勉強にも集中できていました。

やはり、最後は自分に自信が持てるのかで結果も変わってくると思うので、今日のモチベーションに費やした時間は無駄ではなかったです。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

【毎日更新!】現役パラリア生が書く一日回想記

パラリア二年目のとある受験生が、パラリアでの一日と学習の振り返りを兼ねて、学習状況をリアルタイムで記録していきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。