【43】白ポタラーメン

鍋をやっていて最後のほう、まだ残ってる白菜に火が通り過ぎ、ぐずぐずのペースト状になってる時ありますよね。
あれ、ほぼコーンスープじゃないですか?
とろとろの食感はもちろん、味も不思議とそれっぽいと思ってたんですよね、ずっと。
僕、あの白菜がコーンスープ化するおもしろさと、純粋に味も好きなんです。
あいつに出会えた日はとても嬉しい。
で、そうだ、普段は鍋の終盤に偶然出現することしかなかったけれども、たっぷりの白菜を煮詰めてやれば大量に作れるぞ! って思ったんですよね。
できたものがどのくらいコーンスープっぽいのかも今一度確認したいですし。

というわけで、お鍋にたっぷりと白菜を詰め込み(ちょうど値引き品を見つけたので思い切って実行)、6分目くらいまで水を注ぎ、沸騰したら弱火にして、コトコト煮込んでみました。
2時間くらいで木べらなどで簡単に崩せるようになり、例のポタージュ状に。

それをおたまでひとすくいし、ひとまず塩のみで味付けして飲んでみたところ……あぁ、ぜんぜんコーンスープじゃない。
どうやら、鍋の中で白菜がコーンスープ化する現象には、その他の要素、たぶん肉の旨味とか、もしくはたまに締めで入れることのある中華麺のかんすい、そういう何かが必要なようですね。
もしくは自分の舌がバカだっただけか。


大量にできあがった白菜ポタージュスープは、さすが旨味の強い野菜を濃縮しただけあり、塩味だけで美味しいし、体は温まるし、なにしろ健康にものすごく良さそうな気がします。
とはいえ、これだけをず〜っとすすりつつ酒を飲んでいたいかというと、そういうものでもない。

というわけで、インスタントの鳥白湯ラーメンをお湯ではなくこのスープで作る、名付けで「白ポタラーメン」にしてみることに。

うん、大変滋味深い。
美味しい。

が、2時間以上も手間暇をかけてまた作るか? と聞かれたら、そういうものじゃない、実際。
労働力と対価が見合っていない。

だけどこの白ポタスープ自体には、まだ何か可能性がある気がするんですよね。
白菜と豚肉はとても合うので、豚肉をしゃぶしゃぶにしてみるとか、牛乳と合わせてみるとか?
引き続き、割引の白菜を見つけたら試してみようと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

18

パリッコ

スキマレシピ

バカらしくて誰も試さないようなレシピや、なんとか手を抜いて酒のすすむおつまみが作れないかの実験記録です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。