【005】ゆで豚

僕の最も愛する食材、豚肉。
この素材のうまさを一番ダイレクトに味わえるかなって思う食べ方です。


■材料

・豚肉ブロック(200g)× 好きな数
・めんつゆ(適量)


スーパーで100グラム100円くらいで手に入る、安い豚肉のブロックを用意します。
部位はバラとかロースがいいと思いますが、脂っこいのが苦手な人はヒレとか、好き好きでいいかと。

これをあんまり大きいと火が通りづらいので、大体200グラムくらいのブロックに切り分けます。

鍋にこの豚肉を入れ、ちゃんとかぶるくらいに水を入れ、蓋をして強火にかけます。

沸騰したら吹きこぼれないように中火にして10分くらいゆで、火を止めてさらに10分くらい放置します。

こんな感じでゆで上がります。

肉の大きやさやお湯の温度によってはまだ火が通りきってないかもしれないので、竹串を刺したりして確認して下さい。
きちんと火が通ってなかったら、なんとかして通して下さい。

次はこれをタレに漬け込んで味をつけます。

尊敬する東海林さだお先生方式だと、“醤油のみで”ということになり、これも美味しいんですが、僕は味が好きなのでめんつゆで漬けちゃいます。
水で希釈することもないと思いますが、味付けはそれぞれ好みに調整して下さい。
別にめんつゆじゃなくてもいいし。

キッチン用の袋に肉を入れ、空気を抜きながら漬ければつゆは最小限で済みます。
漏れないようになにか器に入れたら冷蔵庫へ。

一時間も待てばしっかり味が付いちゃいますが、そこはお好みで調整して下さい。

断面はこんな感じ。

小気味良い歯応えとジューシーな質感、そして、全体があの豚肉の旨味のかたまりなわけで、お酒にもご飯にも合いすぎます!


【おまけ】

ちなみに、鍋には当然ゆで汁がそのまま残ってますが、これは言い換えれば豚の出汁。

捨てるなんて愚の骨頂ですね。

脂っこすぎるようならお湯で伸ばし、めんつゆ、醤油、味の素などでジャンクに味を整えると、れっきとしたラーメンスープになります。

※家に中華麺がなくても、これで全く問題なし

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

パリッコ

スキマレシピ

バカらしくて誰も試さないようなレシピや、なんとか手を抜いて酒のすすむおつまみが作れないかの実験記録です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。