【015】福耳のぬか漬け

見た目が「満願寺唐辛子」にそっくりの、「福耳」という種類の唐辛子があります。

これが好きで、近所の農家の販売所なんかでよく買うんですが、満願寺唐辛子との違いは、きっちりと辛い! 特に夏の福耳は辛い!
農家のおばちゃんが「好きな人は生のままかじっちゃうらしいですよ〜」なんて言うので、洗ってちょっと塩をつけてガブッといくと、しばらく舌の感覚がなくなってしまうくらい辛いです。
それで、細かく刻んでマヨネーズと和えてディップっぽくしたり、他の野菜と一緒に炒めたりして楽しんでいたわけですが、ふと思いついてぬか漬けにしてみました。

■材料
・福耳
・ぬか床

■作り方
福耳を半分に切ってワタと種を取り出し、ぬか床に2、3日漬けておく。

そしたらこれが大正解!

適度に辛味が抜けてピリ辛くらいになり、ぬかの風味と塩気、酸味が加わって、つまみにもご飯のお供にもぴったりでした。

こんな風に刻んでちびちび食べるのが良いです。

そもそもぬか床って、殺菌作用のある赤唐辛子を入れて管理したりするものらしいので、そういう意味でも良いような気がします(気がしているだけ)。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

パリッコ

スキマレシピ

バカらしくて誰も試さないようなレシピや、なんとか手を抜いて酒のすすむおつまみが作れないかの実験記録です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。