【019】いかの姿あげ入り野菜炒め


前回も素材として使用した「いかの姿あげ」。

これ、そのままでもすっごく良いつまみになるので、ときどき買ってるんですが、たいがい5枚入りで、絶対に1回では食べきれないんですよね。
しかも「たま〜に食べたくなる」タイプの味なので、なくなるまで毎日1枚ずつ消費していくということもせず、湿気ったやつが2枚くらい戸棚に残ってるのを数日後に思い出す、なんてことも少なくありません。

というわけで、料理に使っちゃいましょう。


■材料
・お好みの野菜
・塩コショウ
・いかの姿あげ


■作り方
1:お好みの野菜を油で炒める
2:塩コショウで薄く味付けする
3:野菜の量に応じていかの姿あげを割り入れ(普通の1人前なら2枚くらい)、ちょっとしなっとしたくらいで完成


今回は冷蔵庫にあったザーサイの葉っぱと、赤いピーマンで作ってみました。


いかの姿あげの旨味がすごいので肉っ気もいらないし、ベースの味付けは本当に薄味で大丈夫。
まさか普段からこのお菓子で白いご飯を食べている人はあまりいないと思いますが、こうなってしまうと、ものすっごく良いおかずになります。


これでまた心置きなく買えるね、いかの姿あげが。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

パリッコ

スキマレシピ

バカらしくて誰も試さないようなレシピや、なんとか手を抜いて酒のすすむおつまみが作れないかの実験記録です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。