【038】カリフラワーのチャーハン風

ついに気づいてしまったんですよ……。
何に? って、「カリフラワーのポテンシャル」に!

みなさんはカリフラワーをただの「味気ないブロッコリー」くらいに思ってませんか?

そういう方は一度、真剣にカリフラワーと向き合ってみてください。
ブロッコリーとカリフラワーの味、ぜんぜん違う!
最近の僕、むしろブロッコリーのことを心の中で「偽カリフラワー」と呼んでるくらいですからね(農家の方すみません)。

きっかけは数ヶ月前、ふらりと入った調布の串揚げ屋。
レギュラーメニューの他に日替わりネタのホワイトボードがあり、店主曰く「今日の個人的おすすめはカリフラワーです」とのこと。
続けて「なぜか誰も頼んでくれないんですけどね……」と卑屈に笑う店主に、あわてて「じ、じゃあカリフラワーお願いします!」と注文し、待つこと数分。
ついに対面したカリフラワーの串揚げをサクッとかじってみて衝撃が走ったんですよね。

ホックリとしたおいものような甘みと、心地良いザクザク食感。
その清廉潔白な見た目のイメージから、揚げ物なのに体に悪い感じが一切ないのも良い。

カ、カリフラワー、うめー!!!!!

僕がカリフラワーに開眼した瞬間でした。

以降、自分でも頻繁に買うようになり、晩酌のつまみにしているわけですが、家でフライものってちょっと気合がいりますよね。
でも大丈夫、多めの油でニンニクかなんかと一緒に炒め、塩コショウを振ってやるだけで、極上の一品が完成するので。
この時、牛脂かラードがあればベター。
とにかく、カリフラワーは偉大なんです!

前置きが長くなりましたが、以下レシピ。


「カリフラワーのチャーハン風」

【材料】
・カリフラワー(好きなだけ)
・他、あなたがいつもチャーハンを作る時の食材から「米」を抜いたもの

【作り方】カリフラワーを今回は1/2個

これを

房とかは無視して、2cm幅くらいにザクザクと切っていきます。
この行程、ちょっとした背徳感があってなかなか楽しい。

ふ〜、まぁこんなもんかな。

あとはこのカリフラワーを米だと思って、

普段通りにチャーハンを作るだけ。

チャーハンの作り方を知らないという方は、クックパッドかなんか見てください。

完成〜!

カリフラワー、とにかく油との相性が最高で、あらためてめちゃくちゃうまい!

しかもあれっすよ、かなりの満足感を感じられるメニューでありながら、白米とは比べ物にならないカロリーの低さ(のはず)。
これ、ダイエッター的見地からいっても、実は超〜革新的なメニューなんじゃないでしょうか!?

って、言ったもん勝ちなので先に言っときますね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

35

パリッコ

スキマレシピ

バカらしくて誰も試さないようなレシピや、なんとか手を抜いて酒のすすむおつまみが作れないかの実験記録です。
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

カリフラワー、糖質制限の人にとっては「米がわり」っていうのが、実は常識なんですよ! 私も一時、炭水化物をやめていて、レシピを探していたんですが、カリフラワー料理、めちゃありました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。