神戸VARIT.でライブした話

神戸VARIT.でライブしましたよん。
15周年ということで呼んでいただきました!

HINTOとペペッターズと3マンしました。
HINTOはスパルタローカルズ時代から知っていたので対バンできたのがまず嬉しかったなー。
ペペッターズは初めてライブ観たのですが、音楽がめっちゃよかった。
曲もよかったしギターうまかったなぁ。

VARIT.といえば駿汰。
彼が青春を過ごしたライブハウスです。
俺もずっとお世話になってるから、15周年お祝いできてよかったな。

最近、ライブしながら思うのは
みんなの日々の生活で凝った心、どうにかして溶かしたいなという気持ち。
まぁ、曲をちゃんと演奏することがそれに繋がるのは間違い無いんだけど
俺のほんの些細な気持ちの持ちようでその歌の聞こえ方も随分と違うなと思うんだな。
心がそのまま音になるから、俺のマインドが凝り固まってるといけない。
硬くて響かない声になってしまう。
叫ぶにも叫び方があるんだろうし、その時その瞬間の心がどこにあるのかはとても大事。
そのために、VARIT.が15周年なんだなーってこととか思いながら
ペペッターズばりいいライブするやーーん。とか
HINTOも流石に骨太だなぁサウンドが。とか
ちゃんと心と体でみんなのライブを楽しんで、本番に臨みましたよっと。

その日にちゃんと肩まで浸かってくつろぎながら楽しむことは大切なことだな。
ナーバスに神経質に、自分の中に閉じこもって本番に望んでも硬い歌になる気がするな。
お客さんの目を観て、心を感じて歌うとき、いつもそこに何かの摩擦があって火打石のようにそれが火花をあげる瞬間があって
大きな音で、大きな声で歌って、おんなじ振動でみんなが揺れて。
そういう時間が続いていることがとても幸せである。

そして、そういう場所をずっと提供してくれているVARIT.をはじめとする
ライブハウスの数々。
で、そこにくるみんな。とその感性。
こればっかりはもうほんと、宝物以外の何ものでも無い。

ライブハウスっていいところだから、みんなきてみてよ。
きてる人は、また会おうねライブハウスで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22

もりりょうた

そうです。私がもりりょうたです。Brian the Sunというバンドでギターを弾いて歌っております。 お酒とスケートボードが大好きで、写真をとったり絵を描いてみたりととにかく何かと落ち着きのない人間ですが 結局のところは全て音楽のための自家発電なのだと気づいたのでありました。

ライブの思い出

せっかくバンドマンやってるんですし、思い出に残るライブはちゃんと書き留めておこうではないですか。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。