[Game]ガスコイン神父が教えてくれたこと

私は、アクションゲームが下手だ。
謙遜とかではなく、弁解の余地なく本当に下手だ。前回の記事でもちらっと書いたけど、マリオは一面すらクリアしたことがない。ノコノコとかクリボーとか怖くて仕方ない。
ていうか、ぶつかるだけで体力減るような謎の生物が特に目的もなさそうにウロウロしてる世界とか怖すぎるし、マリオは今でも苦手である。

そんな私が、なぜ「ぶつかるだけで死ぬようなバケモノが目的ありげにウロウロしている世界」である『Bloodborne』や『ダークソウル』シリーズをこよなく愛し、全ボスソロクリアで楽しめるようになったのか。
今日はその、ごく私的なブレイクスルーの話です。
めっちゃダサいのでめっちゃ恥ずかしいんだけど、きみ、よければ聞いてくれたまえよ。

ガスコイン神父に勝てない

私が自分の駄目さにとことんまで向き合う羽目になったきっかけは、ガスコイン神父である。

この人です。うわあ、こわい。
色あせない永遠の名作アクションRPG『Bloodborne』(PS4)の世界でプレイヤーが最初に出会うこのボスは、じつに全体の4割程度が振り落とされてしまうという、ある意味実質のラスボスである。(実際はもう一体先に出会うボスがいるのだが、それはいわゆる「チュートリアル・ボス」というやつ。「本当の」ボスはガスコさんが初となる。)
慣れた今となっては、なぜ彼が初ボスを張っているかがよくわかる。非常に良い敵だと思う。
が、まあ勝てないときはそんなの関係ない。とにかく勝てない。強い。怖い。

ガスコさんの何が怖いって、私の場合は後半のスピードだった。
あっという間に追いつかれて猛ラッシュを入れられ、「わあ」とか言う間もなく死ぬ。それはもう、無慈悲に死ぬ。
それまでは難しいなりに順調に行っていたブラボの進行が、ガスコさんに遭遇してピタリと止まった。
再戦に再戦を重ね、10戦目を超えるあたりから、彼の体力が半分になる頃になると恐怖で足が竦むようになってしまった。

悔しさのあまり死ぬ

あまりにも勝てない日々が続き、しぜんとゲームからは足が遠のいた。
当時、いつもゲームを手伝ってくれていた恋人とは大喧嘩中。助けは求めたくなかった。
ツイッターで「勝てない……」と絶望している私を見るに見かねた友人が、「手伝うよ」なんて声を掛けてくれたりもした。が、それがなんだか余計に惨めに思えて、殊更こたえた。

悔しかったのだ。
『Bloodborne』のローンチトレーラーを見たとき、一目惚れした。そこに映っている世界の全てが、「これは私のための作品だ」と思わせてくれるほどに魅力的だった。好きなモノしかなかった。もう、このゲームのためにPS4買う、と秒で決意した。
そして、実際に蓋を開けてみれば、予想以上に素晴らしい世界だった。道ばたに置かれたオブジェクトひとつひとつにまで行き渡った美的感覚は、私が求め続けていた世界そのものだった。
なのに。
そこまで、骨の髄までヤられてしまうまでに耽溺できる世界があるのに、その世界を自らの力で歩けない。
何が「私の世界」だよ。一人でボスも倒せない半人前が、この世界にいていいわけないだろう。
本当に、本当に悔しかった。

じつは、ゲームを始める前は、「まあ難しすぎてつまったら、人に助けてもらおう」と考えていた。
けれど、Bloodborneの世界に惚れ込みすぎた私は、フロムが設計したとおりに苦しみ、死闘を味わいたくて堪らなくなっていた。好きになればなるほど、この世界に「ちゃんと」馴染みたくなっていた。
そして思った。

私はずっと、苦手なアクションは人に(主に彼氏に)やってもらっていた。しかし、本当にそれでいいのだろうか?この先ずっと、「アクションゲームが下手な女子」で居続けるつもりなの?そう在りたいの?そんな自分でいいの?

そう考えた瞬間、「ザッケンナコラーーーーーー!」という凶暴な気持ちが沸き起こった。
女子はゲームが苦手、みたいな『常識』に甘え、上達なんかハナから視野に入れていなかった自分が、急激に恥ずかしく思えたのだ。
そんな自分にほとほと愛想が尽き、自分でもびっくりするくらい、自分への怒りが爆発した。
(※あくまで私が私に対して思ったことです。苦手な部分は人に任せるという対処は何も間違っていません。ただ、私はもう、そう在りたくなかった、というだけです。)

☆ステップ1:己を知る

その日から、猛特訓を始めた。
まず、自分のボス戦を録画する。(PS4には録画機能があります。shareボタンを押してから□ボタンを押すと、その時点から遡って15分ほどが自動的に「キャプチャーギャラリー」に録画保存されます。べんりだよ!!!)

すると、たくさんの駄目なところが見つかった。
というか、駄目しかなかった。
操作しているときは夢中で気づかないけれど、いざ冷静に眺めると、とにかく無駄な攻撃、無駄な回避が多い。

まず、敵が振りかぶったのと同時に、こっちも武器を振っている。
前半のガスコインの得物は「斧」で振りが遅い。対して私の使用武器である「鋸鉈」は、攻撃の出がとても早い。だから、前半だけならそれでも何とかなったりする。が、何とかなってしまうが故に、私は「攻撃速度」なんてことを考えてすらいなかった。
よって、後半の彼の素早い攻撃ラッシュの前に為す術がない。鋸鉈のフリなんて良いマトでしかないにもかかわらず、まったく理解せずに「ええーい!当たれ!」みたいなノリで正面から振っている。
死んで当然である。いや、死ぬべきだ。今すぐ死ねこのクソ雑魚。

さらに、敵の攻撃の範囲をまったく見極めずに、場当たり的に逃げる。
こんなもん回避とは呼べない。次に攻撃が飛んでくる方に逃げてどうすんだよ。
ガスコさんのモーションには非常にわかりやすい癖があるのに、彼が今どのモーションを繰り出しているかぜんぜん見ていない。謎のタイミングで平気で火炎瓶を投げて、当たり前に外す。高価な火炎瓶を、お前、そんな粗末に……。

それはもう、見事なまでに「馬鹿の動き」だった。
恥ずかしくて死んだ。こんなん、勝てるわけなかった。

☆ステップ2:ガチャ押し、ダメ、絶対

そもそも自分の動きが把握できていないことをまざまざと思い知らされた私は、アクション苦手人間の一番だめなところ、すなわち『ボタンのガチャ押し』を直すところから始めた。
画面上のキャラクターと、自分の指の動きを明確に連動させる。
回避、ステップ、通常攻撃、強攻撃、銃撃。"彼女"がしていることを、私も把握する。
自分が何をしたかわからない、ということが極力ないような操作を心がけ、「操作したとおりに彼女も動く」ように、何度も何度も、来る日も来る日も雑魚で練習した。

結果、ムダ振り、カラ振りが減った。
すると、動作がシンプルになるので、「画面で何が起きているかわからない」ということも減る。
さらに、スタミナ(行動するために必要なポイントのようなもの)に余裕も出来る。スタミナに余裕があれば、敵の想定しない動きにも落ち着いて対処できる。

それまでも、アクションゲームは遊んでいた。『バイオハザード』『アサシンクリード』『ALAN WAKE』『Prototype』『Fallout3』……。大好きな作品は枚挙に暇がない。にも関わらず、私はこのときようやく、基本の「き」を学び始めたのだ。
今思い返しても「どのツラ下げて」感溢れる話で、ほんとうに恥ずかしい。
けど、やらなかったらいつまで経っても恥ずかしいままだ。がんばるしかなかった。

☆STEP3:敵を知る

しかし、ボス戦を実戦で挑み続けると、輸血液(回復アイテム)の消耗が激しく、心も折れがちになる。
そういうときは、うまい人の攻略動画を何度も見た。
上手な人は視点取りも上手いので、イメージトレーニングにもなるので一石二鳥だった。
そうやって「ガスコインの攻撃パターン」を覚える。隙ができるのはいつか。この攻撃の当たり判定はどこまでなのか。注意深く、ひたすらによく観察した。
わかってきたかな、と思ったところで実戦に挑み、今度は死にながら身体で覚える。回復はしない、あるいは3本までしか使わないなどのせせこましい節約を試みつつ、ひたすらに神父と戦い続けた。

☆STEP4:恐怖心を克服する

しかし、最後にして最大の難所はまだ残っていた。
己の恐怖心である。
何度も何度もボロクソに負けているせいで、ガスコさんが「ウオーーーーーーーー」すると「ひゃー」って言いながら尻尾を巻いて逃げ出したくなるくらい怖いのだ。
(フロムの演出がまたうまいんだ。じつはそこまで広範囲には判定がないような攻撃も、エフェクトや音の演出でやたら恐怖心を煽ってくる。嫌らしい奴らなのだ。大好き。)
そこを「ふんぬー!」と持ちこたえる。
後ろに下がりたくなる気持ちを、懸命に抑えて前に出る。
回避するときは冷静に、すれ違うように背後へ回る。そうすることで、距離を離すことなく攻撃の範囲外に出ることができる。(※私のやりかたです)

そして、攻撃するときは、冷静に一撃、一撃をていねいに確実に叩き込む。決して焦らない。深追いをしない。
相手を良く見て、スタミナに気を配り、欲張らず、しかし諦めない。
フロムゲーの基本の動きが、ようやくここに来て身についた瞬間だった。

☆STEP5:勝つ

練習に練習を重ねていると、不思議なことに「先」を見なくなった。
大切なのは「今の一撃を当てること」、そして「今の攻撃を交わすこと」。その積み重ねだけになる。

そしてある日、あっけなく私は勝った。

気がついたら勝っていた、というのが正しい。拍子抜けした。
そして、いったい何故今まで勝てなかったのだろう、と画面に躍る「YOU HUNTED」の文字を見ながら不思議に思っている自分に気がつき、愕然とした。
私、アクションゲームできるじゃん。
そう思った瞬間、じわじわと心の底の方から喜びが沸き上がったのを、今でも覚えている。爆発するような嬉しさではなかったが、そのじんわり暖かい感情は後から後から湧いてきて、いつまでも続いた。

そして、フロムの生み出す「死闘の世界」の虜になった。

「今に見ておれでございますよ」の精神

ガスコイン神父にソロで勝つ、というイベントは、私にとってまさに人生のブレイクスルーだったと思う。大袈裟に聞こえるかもしれないが、未だにこの体験は強烈なものとして私に焼き付いているのは確かだ。
なにか大変なこと、乗り越えなきゃならないものが出現したとき、以前よりも臆しなくなった実感もある。
練習することの快感も知った。勝てなかったヤツにじわじわ迫っていく喜びも。

それまで私は、人と争うことが苦手で、「今に見ておれでございますよ」という精神が今いちピンと来ない人生を送ってきた。
が、フロムゲーを通して初めて、その真骨頂に触れたのだと思う。「絶対殺すマン」の執念も知れた。うまく使いこなせば、強力な人生の推進力になる力だと知った。

フロムゲーが似合う女になりたい、という気持ちが、私を成長させてくれた。
ガスコイン神父には感謝しかない。今ではお助けマンまでやって彼をボコボコにしている私ではあるが、いつだって勝ったあと、彼にだけは「狩人の一礼」ジェスチャーを欠かしたことがない。
彼は、私の人生を豊かにしてくれた師だから。

ちなみに、いまだにマリオはできない。(あれはまた別の修行が必要みたいです)
が、大事なのは、「できないなんてこたぁない」ってことである。
アクションだって、本気でやりたいと思えば、絶対にいつかはできるようになる。
だから、どうか諦めないでほしい。
いつか、目の前に「どうしても遊びたいのにやれない一本」が出てきたとき、この話が少しでも役に立てば幸いだ。大丈夫。きっと遊べる。がんばって。

ゲームは楽しい。ゲームやろうぜ。

追伸

そういうわけで、皆さまも、どうかフロムゲーをよろしくお願いいたします。
『Bloodborne : The Old Hunters Edition』、絶賛発売中でございます。
DARK SOULS』シリーズもよろしくね☆

長寿と繁栄を
125

kamiushi

ゲームのはなし

ゲーム関連のはなし
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。